【幼児・未就学児】子どもに「ママ!」とすぐにヘルプを求められて。みなさんどうしていますか? 保護者の知恵袋.18

今回は「子どもから「ママ」と助けを求められてしまう。みなさんどうしていますか? 」というお悩みに関するご質問にお答えしたいと思います。

 

早速、見てみましょう! 


今回の相談内容


「4歳男子です。”Eテレの「えいごであそぼ」が好きで、英語やってみたいというので、オンライン英会話をはじめました。

先生に英語で問いかけられても、話すのが恥ずかしいのか、何と言って良いか分からないのか、すぐ「ママー」と助けを求められてしまいます。終わった後は、「今日英語やったね」と本人は満足げでしたが、これで良いのかな?と不安です。こんな時どうすればよいでしょうか?」

 

QQスタッフからのアドバイス


「お勉強をする」「英語をする」はきっとお子さんの中でおにいちゃんみたいでかっこいい姿なのかもしれませんね。子どもたちは「好きなこと」「できるようになりたいこと」「憧れていること」には一生懸命取組みます。今の気持ちを大切にしてください。知らない外国人の先生に英語で話しかけられて「ママー」となるのはある意味当たり前。ママも一緒に生徒になって一緒に言ってみましょう。そして、順番で「次は●●くんの番ね」などとごっこ遊びのように誘ってあげてください。小さいお子様はなるべく同じ教師でうけていただくと、テレビに出てくる「知っている」おにいさん、おねえさんと同じように「知っている先生」になってきますので、次のレッスンタイムが楽しみになります。また、ワークブックなどで「今日はどんなことやるのかな?」といっしょに目を通していただくと安心です。

 

保護者の皆さんからのアドバイス


4歳 女の子がいる保護者様の声

「うちの娘も一番最初のオンラインレッスンでは、隣に私がいたため全然話さず、やりたがっていたわりには、ママ!ママでした。次から、ママは違う部屋に行くから自分でどうにかしてみよう!と話し、完全に一人でやらせています。私は声だけ聞こえる状態で隣の部屋で待機しながら聞いています。聞かれていることに対して分からず黙っていることもありますが、わかった時には答えて、それに対して大袈裟に褒めてくださる先生ばかりなので、本人も少しずつ自分でできてる!という自信をつけてきています。そのように少しずつママは離れて、どうしようもない時にのみ手助けをするスタイルにするのはどうでしょうか?

 

10歳 男の子がいる保護者様の声

「本人が満足しおう、少しでも英語に興味が向がくようであれば、それで良いと思います。我が家でも、オンライン授業で話しかけられてもうまく回答できず、悩んでいましたが、知り合いの外国人の方にお願いし、外国人の方と息子の共通の趣味であるゲームやサッカーを通じてコミュニケーションを取ってもらい、英会話への苦手意識を解決しました。

運よく知り合いに外国人がいたという、特殊な環境での対策ですが、興味をもつというのが、一番の対策のようです。」

 

5歳 男の子がいる保護者様の声

「私の息子も最初はそんな感じでした。 

最初は悩んでいたのですが、私自身留学経験があり、英語が結構喋れる方なので逆に先生のいうことに対して英語で返したりしていると、お母さんは英語が喋れるんだという風に興味を持ち始めたみたいです。 

もし英語でお母さんが先生に変身できるような内容であれば、お母さんから先に答えて一緒に言おうという風に誘ってみたりしてもいいんじゃないでしょうか。 

お母さんと一緒に参加できるという安心感があれば、そのうち大きな声で自分から参加してくれるようになるんじゃないかなと思っています。」

 

5歳 男の子がいる保護者様の声

「息子さんは英語が好きなのですね!最初はきっと恥ずかしいと思います。大人でも、画面上で、英語で、初めての先生と、、と言うのは恥ずかしさがあると思います。でも、慣れてきたら変わってくると思いますよ。きっと先生からの問いかけフレーズも、始めの導入部分などは毎回同じように聞いてくれると思います。それに対して簡単にでも答えられるようになってくると息子さんも調子が掴めると思います。レッスン後に「満足げ」ということは、息子さんは楽しんでいる証拠ですね!その気持ちをぜひ大切にしてあげて下さい!きっと充実した時間になってくると思います。」

 

4歳 男の子がいる保護者様の声

「本人が満足げと言うことなので(自信に満ちているのであれば)講師や英語に慣れていけばもう少しそれっぽくなると思います。 

ちなみの我が子も初めはふざけていたのですが、英語を勉強したね~と言って日頃からアルファベットや英単語を使うきっかけとなりました。 

当初は毎回助けを求めるので困っていましたが、 それから徐々にですが、慣れてきたようすだったので、先生に英語で質問をしてみようね~等、アウトプットする機会を親の方が作ってみたり試行錯誤しました。 

それから10ヶ月ほどつづいています。 一応一人で画面に向かっております。」

 

4歳 男の子がいる保護者様の声

「うちも同じく最初は恥ずかしがって話ませんでした。何か言いたいけど言いたいことが英語で話すことができず止まってしまったりすることもありました。でもある時を境に話すようになりました。つい助けたくなりますが、助けてしまうとママは助けを求めれば助けてくれると思ってしまうので、先生に聞いてみようね。と先生に聞くクセをつけをすることをおススメします。最初はうまくいかないと思いますが根気よく頑張ってほしいです。話せるようになるのかなと不安になると思います。我が子も最初はなかなか言葉はでませんでしたが、最初は言葉を吸収して、ある程度吸収して分かるようになると話せるようになるようです。吸収時間は人によって違うと思いますが、話始めると驚くほど言葉がでてきます。すぐに結果がでるものではないので心配になると思いますが、お子さんが楽しんでいるのなら続けて欲しいです。」

 

5歳 男の子がいる保護者様の声

「まず、4歳にして英会話のレッスンを受けているという事実を褒めてあげるとよいと思います。親から褒められるのが、子どもにとって一番のモチベーションの維持や向上、自信につながります。 

恥ずかしさで先生と会話が成り立たず、親に助けを求めてきたら、可能な限り側について、一緒に発声してみたり、応援の言葉をかけてあげるとよいと思います。子供が助けを求めてきたときに親が突き放してしまうと、子供はモチベーションアップは一気に下がり、自信もなくします。今は、レッスンの理解度合いや、先生との会話が成立しているか否かはあまり気にしない方がよいと思います。レッスンを継続して受けることで、確実に英語力はつきます。」

 

まとめ


いかがだったでしょうか?

 

まだ小さなお子さんの場合、1人でレッスンを受けるのが難しいというお子さんもいらっしゃいます。

 

最初は保護者様も一緒にレッスンに参加していただくのも1つの方法ですし、また同じ講師をするなどで安心できるように工夫してレッスンを受けてみてください。