英語学習 保護者の知恵袋.4「子どもをやる気にさせるコツを教えてください。」

今回のテーマはモチベーションです。

集中力やモチベーションは保護者の皆さんが、一番と言っていいぐらい悩まれるところです。

 

小さいお子さんにとって25分間のオンライン英会話は簡単ではありません。

では一体皆さんはどうやって乗り切っているのか?

 

早速、QQスタッフからのアドバイス、保護者の皆さんの解決策を共有できたらと思います。

 


今回の相談内容


「小学2年の男子です。気分にムラがあり中々レッスンをしたがりません。子どもをやる気にさせるコツを教えてください。」

 

QQスタッフからのアドバイス


大人もそうですが、子どもたちはわからないと乗り気になれなかったり、飽きてしまったりしますよね。

 

レッスンの前にワークブックをみて予習をしておいたり、<レッスン振り返りビデオ>を一緒にたのしくやってみたり、また保護者の方もご一緒に受講し親子で楽しいレッスンタイムにしていただいてもだいじょうぶです。

レッスン中にもらえるコインで<ワールドクエスト世界へアドベンチャー!>でカードが引けるので、レッスン中もらえるコインを楽しみにしています、という声もお聞きします。

<好きな先生>を見つけていただくのも良いかと思います。大好きな先生に会う<うれしさ・楽しさ>はレッスンを積極的に取り組むエネルギーになりますね。

<好きな先生>にいろんなことをお話ししたり、書いた絵を見せたりと楽しさが広がります。QQEnglishでは2週間先までのま予約をまとめてとることもできますし、指名予約制度などもあります。

 

保護者の皆さんからのアドバイス


5歳 女の子がいる保護者様の声

「子どもは5歳女の子、私は30代の主婦です。オンライン英会話は、他の習い事に比べてお手頃価格で出かけなくてもいいという思いで始めました。娘はそのとき5歳。最初は楽しく始めましたがだんだん飽きてきたようでした。

モチベーション下がってきたかな?というころ、ずっと同じ先生にお願いしていたのをやめて、別のティーチャーにも予約入れてみるようにしました。性別や授業の様子も様々だったので、新鮮で良かったです。数人試してみたところ、やはり最初の先生がいい!と言うので、今はほとんど最初の先生に戻していますよ。先生を選べるのも、オンライン英会話の良いところですね。」

 

6歳 女の子がいる保護者様の声

「うちの子の場合は、英語自体興味を示してくれたのが幸いで良くオンラインレッスンを受けてくれていますが、より興味を引いてもらうように、英語を話している国や、英語ができるようになったらこんなことが出来るようになるよ、などと違った側面からアプローチしています。

例えば、英語が出来るようになったら海外旅行に行けるよ、飛行機に乗れて日本とは違った景色や動物が見れるようになるなどです。興味を示してくれたところでレッスンを受けるとやる気が違います。」

 

9歳 男の子がいる保護者様の声

「うちは男の子のせいか幼稚園から低学年の時は、落ち着いた静かな先生よりもテンションが高めでリアクションが大きい面白い先生の方を好んでました。

事前に先生を選ぶ時にリアクションが大きくて表情が豊かな先生をリクエストして選んだ方が良いと思います。うちの子が好きだったのは、英語で先生が「家の中で◯色の物を持ってきて見せて!」などの軽いゲームをする先生が好きでした。

ある時、「家の中で茶色の物を持って来て!」と言われた子どもが、うちの茶色の猫を抱っこしてカメラに見せたら「ワオ!大きな猫ね!!」と先生が笑っていました。

そんな感じのコミュニケーションでだんだん仲良くなると、勉強とは思わなくなるようで嫌がらなくなりました。高学年になってからはリアクションが大きい先生よりも落ち着いた先生の方が好きなようです。」

 

8歳 男の子がいる保護者様の声

オンラインレッスンで先生に褒められたら、自作のシール台紙に「がんばったねシール」を貼るようにしていました。

事前に、シールが5、10、20枚貼れたらお楽しみがあるという約束をしておいて、子どものやる気が出るように仕向けました。

「がんばったら先生も褒めてくれるよ。先生をびっくりさせちゃおう!」と子どもを励ますようにもしていました。親が褒めるよりも、習っている先生に評価される方が子供のやる気がアップするように思います。」

 

8歳 男の子がいる保護者様の声

「我が家は月に2回、20分のレッスンだったので、なんとか毎月集中して取り組むことができました。回数が多すぎたり時間が長いと面倒に感じてしまうのかもしれませんね。私も、嫌がることを気分を変えて取り組ませる、という作業が得意ではないので、息子も私も無理せずに続けていける時間と回数で選びました。 

また、月2回の予約は自分の都合に合わせてとることができたので息子と一緒にカレンダーを見ながら日にちを選び、日にちが決まれば息子に自分でカレンダーに時間を書かせるようにしていたので、自分の字で書いてある予定を見ながら張り切って準備できたのも良かったですよ。

 

8歳 女の子がいる保護者様の声

「私の娘も小学2年生です。苦手意識があったり、先生との相性によってはお子さんがレッスンを受けたがらない気持ちになるのもわかります。

私の娘の場合は先生との相性が非常に重要でした。初めてオンラインレッスンを試した時は、明るくてハキハキとした、なんでもポジティブに返してくださる女性の先生だったのですが、娘には先生の積極的なところが逆効果だったようです。

次に試した先生は物腰が柔らかく穏やかで、娘の回答を根気よく待って下さる方でした。娘もその先生を気に入り、しばらくして信頼関係を築くことができると、娘も自分から質問をするようになりました。もし可能であれば色々な先生を試してみてお子さんとの相性をみてみるのも良いかもしれませんね。」

 

6歳 男の子がいる保護者様の声

「[まず準備として]

子供の心をreadyにさせる。

レッスンの日時を定めて、とにかくそれは覚えこませる。

「火曜日の7時からは英語ね。」を繰り返し繰り返し伝えます。

 

[お母さんもご一緒に]

私は最初の2か月は私自身も一緒に隣で聴いておりました。

レッスンの後、先生との会話や先生のことを一緒に面白おかしく話し、今日習ったフレーズを一緒に使いました。

とにかく「お母さん、このレッスン楽しいわ!!」という姿を見せて、子供がそれにのってきた、という状況を作りました

実際レッスンの先生は可愛いカッコよくって、楽しい時間でした(^^”」

 

8歳 女の子がいる保護者様の声

「オンラインレッスン、とくに子供のレッスンにおいて、先生の技量と相性はとても大切だと思います。

子供と一緒に楽しみながらも英語を身につけていかせることのできる先生を探し続けることがとても重要です。

また、お子さんが好きなものや興味があるものを題材にしたレッスンを先生にお願いしてみてはいかがでしょうか?

うちの子は女の子でしたので、ディズニーのぬいぐるみを利用し、ごっこ遊びをたくさんしてもらいました。

男の子でしたら、今はやりのアニメでもいいかもしれません。

もし共通の趣味がある先生であれば、お子さんのもっと話したい気持ちを促すことができ、レッスンを楽しむことができるようになる

のではないかと思います。」

 

6歳 男の子がいる保護者様の声

「子どもは基本的に気分にムラがあり集中力が途切れるものです。その度に怒っていては英会話どころか何かを学ぶということさえ敬遠してしまいがちになりますから、まずは子どもが興味を持つテーマで英会話の楽しさを教えるのが良いと思います。

具体的にうちではオンライン英会話の前に子どもが好きなディズニーの映画を英語で観て、親も片言であっても英語で感想を言ったり子どもに意見を求めたりして英語で話す楽しさ、その雰囲気づくりに努めました。そうするとその後の英会話も楽しんでやるようになりました。」

 

まとめ


今回は9名の保護者様にアドバイスを頂きました。

 

ご覧になって頂いたように、過去の記事と比べて(参照「予習復習の方法」「週の受講回数の目安」)、共通点があまりありません。

 

それだけ各保護者の皆さんそれぞれが、ご家庭で工夫をなされているという事だと思います。

 

あれをやればこうなる、これをすれば解決できる、というような明確な正解がないので難しいところではありますが、ぜひ上記の具体的な例を参考になさってもらえたら幸いです。