1. QQキッズ
  2. お役立ち記事
  3. 【小学生向き】覚えておきたい!英語で自己紹介テンプレート

【小学生向き】覚えておきたい!英語で自己紹介テンプレート

【小学生向き】覚えておきたい!英語で自己紹介テンプレート
カテゴリー
英語コラム

初対面の人に会ったときに、自己紹介をしますよね。

小学生のみなさんなら、新学年でクラス替えがあったときや、新しく習い事を始めたときなど、自己紹介をする機会が多いでしょう。

英語で自己紹介をできるようになると、世界中の人と親しくなれます。

とはいえ、初対面の人との会話で緊張してしまって、うまく英語で自己紹介できず、その後の会話もはずまなくなってしまうこともあるでしょう。

ですから、自己紹介のフレーズはあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

自己紹介が上手に話せれば、その後も話しやすくなります。

毎回同じフレーズを自己紹介に使うことができますので、次のテンプレートを参考にしながら、自分にあったフレーズをノートに書いておきましょう。

あいさつ

自己紹介は、あいさつから始めましょう。
次の中からひとつ選んで使ってみてください。

Good morning.「おはようございます」
Good afternoon.「こんにちは」
Good evening.「こんばんは」
Hello.「こんにちは」
Hi.「やあ、こんにちは」
Hey.「やあ」

時間帯に合わせて、あいさつの表現を選びましょう。

Good morningは午前中Good afternoonは午後につかいます。
夕方以降はGood eveningを使います。

なお、Good night「おやすみなさい」は1日の最後に使う表現で、これから話し始める場合には使えません。
夜であっても、会話を始める際はGood eveningを使います。

Hello, Hi, Heyは一日中使うことができます。
Heyはカジュアルな表現ですので、正式な場には合いません。

名前

あいさつの後は必ず名前を伝えましょう。

I am Shintaro.「私は慎太郎です」

I’m Shintaro.「私は慎太郎です」

My name is Shintaro.「私の名前は慎太郎です」

Shintaroのように、英語話者にとって長く言いにくい名前の場合は、ニックネームを名前の後に続けて伝えるといいでしょう。

My friends call me Shin.「友達は私をシンと呼びます」

You can call me Shin.「シンと呼んでいいですよ」

年齢

I’m 11 years old.「私は11歳です」

I’m 11.「私は11歳です」

I’m in the fifth grade. 「私は5年生です」

小学校の授業であれば、同じ学年の児童が集まっているでしょうから、わざわざ年齢を言う必要はないかもしれません。

習い事などで、さまざまな年齢の子どもが集まっている場所では、年齢を伝えるといいでしょう。

日本の小学生同士であれば、学年を伝えるとよりわかりやすいと思います。

1年生はfirst grade、2年生はsecond grade、3年生はthird grade、4年生はfourth grade、5年生はfifth grade、6年生はsixth gradeと言います。

出身地・住所・国籍

自分にゆかりのある場所について、次のように説明することができます。

I’m from Wakayama.「私は和歌山出身です」

I live in Wakayama.「私は和歌山に住んでいます」

I was born in Osaka but now I live in Wakayama.「私は大阪で生まれましたが、今は和歌山に住んでいます」

I have been living in Wakayama for past four years.「ここ4年は和歌山に住んでいます」

もし話し相手が外国人の場合は、日本の都市名を言っても伝わらないかもしれません。
その際は、I’m Japanese.「日本人です」と言うのがよいでしょう。

家族

I have a brother.「兄がひとりいます」

I have a sister.「姉がひとりいます」

I have a brother and a sister.「兄と姉がいます」

I’m an only child.「ひとりっ子です」

I’m from a family of four.「私の家族は4人家族です」

自分の家族について話すのもいいでしょう。

brotherは「兄」もしくは「弟」、sisterは「姉」もしくは「妹」という意味です。

自分より年上でも年下でも、英語ではbrother, sisterを使います。

あえて、自分より年上であることを強調したい場合は、older brother「兄」、older sister「姉」と言います。

また、自分より年下であれば、younger brother「弟」、younger sister「妹」と言うことができます。

趣味

友達を増やすには、趣味の話をするのが効果的です。
共通の趣味があると、友達になりやすいでしょう。

I really like soccer.「私はサッカーがとても好きです」
I enjoy cooking.「料理をするのが楽しみです」
I love playing baseball.「野球をするのが好きです」
I love to play baseball.「野球をするのが好きです」
I’m a big fan of the Giants.「私はジャイアンツの大ファンです」
I’m really into music.「音楽に夢中です」

like「…が好きである」を使って、I like …は簡単で覚えやすいでしょう。

love to do, love doingはどちらも同じ意味で、「…するのが大好きである」と伝えることができます。

a big fan of …は「…の大ファンです」という意味で、スポーツチーム名や好きな俳優、女優の名前などを入れるといいでしょう。

into …は「…に夢中である」という意味で、カジュアルな表現です。

好きな食べ物

小学生のみなさんには給食があり、周りのお友達と一緒にごはんを食べる機会が多くありますので、好きな食べ物を自己紹介に盛り込むのもよいでしょう。

I like apples.「りんごが好きです」
I like fruits, especially apples.「果物、特にりんごが好きです」
I love spicy food.「辛い食べ物が大好きです」
My favorite food is curry and rice .「私の好きな食べ物はカレーライスです」
I’m a big fan of ramen.「私はラーメンが大好物です」

シンプルにI like …でも表現できますが、何度も繰り返し使うと、おさない印象になってしまいます。

ですから、他の話題ですでにI like …を使ってしまった場合は、上記の他の表現にチャレンジしましょう。

実例紹介

例えば英語の初回の授業で、先生は次のように言うかもしれません。

Can you tell us about yourself?「自分自身のことについて話してくれますか」

こう言われたら、今まで見てきたフレーズを組み合わせて自己紹介をしましょう。

では、下記の例を見てみましょう。

Hello, everyone!
みなさん、こんにちは。
My name is Shintaro, but my friends call me Shin.
私の名前は慎太郎ですが、友達は私のことをシンと呼びます。
I’m in the fifth grade.
5年生です。
I was born in Osaka but now I live in Tokyo.
大阪で生まれましたが、今は東京に住んでいます。
I have been living in Tokyo for past four years.
ここ4年は東京に住んでいます。
I have a brother.
兄がひとりいます。
I really like baseball and I’m a big fan of the Giants.
私は野球がとても好きで、ジャイアンツの大ファンです。
Curry and rice is my favorite dish. I love spicy food.
カレーライスが私の好きな料理です。私は辛い食べ物が大好きです。

小学生のみなさんも、今回のテンプレートを参考にご自身の自己紹介を用意して練習してみましょう!

普段から練習しておくことで、突然の自己紹介の場でも初対面のお友達と仲良くなれるはずです。

無料レッスンを受けよう※2回の無料チケットは2回の無料体験後、24時間以内に契約された方が対象です。
英会話レッスンを無料体験する