英語で「来年もよろしく」といいたいときのフレーズ | QQE英語コラム | オンライン英会話ならQQ English

新規登録・無料体験
はこちらから
CLICK
  1. オンライン英会話ならQQ English
  2. 英語で「来年もよろしく」といいたいときのフレーズ
  3. a
QQE英語コラム
検索
英語でどういうの?

英語で「来年もよろしく」といいたいときのフレーズ

日本語では当たり前になっているような表現でも、英語ではどう言っていいかわからないものがたくさん存在します。

今回は「来年もよろしく」と表現したい時にどのように言えばよいのかを紹介します。 年末年始には欠かせない表現ですが、いざ海外に行って言うとなるとなかなか困るものです。

しかしながら、無理に直訳しようとせず英語らしい表現を使えれば全く難しい言い回しを使わずともこうした表現できます。この機会にぜひマスターして海外に行った時に困らないようにしましょう。

QQ Englishでは、公式ラインアカウントにて「英語に関する情報・お得なキャンペーン情報」を配信しています。この機会にぜひ登録を!

そもそもなぜ表現しづらいのか

ふと、この表現を直訳しようとした時になかなか英語にできません。 では、なぜ訳しにくい表現なのでしょうか。それは言語による言い回しの違いにあります。 日本語では「よろしく」という言葉は非常に便利なものです。 初対面の人にも、何かを頼む時にも、これからの付き合いがある人にも、さまざまなシチュエーションで用いられます。 しかしながら、英語には日本語で言う「よろしく」にあたる直訳が全くありません。 初対面の人には Nice to meet you. と表現し、 ビジネスで関わる人に対して「よろしく」と言いたい時には I look forward to working with you.などと言います。 つまり、それぞれの場面に応じて日本語の「よろしく」の裏にあるニュアンスをダイレクトに伝えているのです。 そしてこの時、喜びやうれしさ、楽しみ、祈願といった意味合いの表現を用いることがほとんどです。

この季節おきまりのフレーズ

まずは「来年もよろしく」と言いたい時の決まり文句のような表現から紹介します。 この表現は祈願の意味を込めた言い回しです。 例えばこのような表現です。 Have a happy new year. この表現をそのまま日本語に直訳すれば 「次の新たな年も幸せに過ごしてね」といったような意味ですが、 この表現が当然のように日本語で言う「来年もよろしく」にあたる言い回しにあたります。 こうした相手の幸せな時間や期間を祈願するような表現はよく使われます。 「いってらっしゃい」と言いたい時などにも Have a nice day.と表現できます。 もちろん「良い日をね」と言う意味ですが、今から外出して過ごす日が良い日になるようにという思いを込めてお見送りのあいさつをします。別の表現ではwishを用いて”Wish you have wonderful new year.”などということもできます。

状況に応じた表現の仕方

次は決まり文句ではなしに、各状況に応じた表現の仕方を紹介します。 この表現にはlook forward to~というイディオムを用います。 これは「〜するのを楽しみにする」と言う意味なのですが、これを使って「あなたと来年も〜することを楽しみにしています」という表現を使うこともできます。これは来年の楽しみを表現することで「よろしく」といったニュアンスを出しています。 この表現は英文の内容を変えることによって、さまざまな人に使えます。 例えば、学校の先生に使う場合であれば I’m looking forward to studying with you next year. ということもできます。もちろんこれは学校の友達にも使えます。 もし、職場の人であれば I’m looking forward to working with you next year. というように少し英文を変えるだけで表現できます。

まとめ

このように「来年もよろしく」と言いたい時に、そっくりそのまま直訳した表現はできませんが、「よろしく」のニュアンスを含ませた表現をすることで簡単にこの思いを伝えられます。むしろ、これが表現の仕方とも言えるでしょう。何も知らない状況ではなかなか表現することも難しいでしょうが、この二つの表現の仕方を覚えておくだけで年末年始のあいさつには何も困らなくなります。ぜひこのフレーズを活用して会話を楽しんでほしいです。

P.S インプットした後は、アウトプットが大切です。 オンライン英会話で気軽に初めてみませんが? 今ならレッスンを無料で2回体験できます。