世界中どこにもない学校を作る | らいこう奮闘記 | オンライン英会話ならQQ English

オンライン英会話・スカイプ英会話 QQEnglishオンライン
新規登録・
無料体験
はこちらから
CLICK >
らいこう奮闘記

第1章 オンライン英会話編

第12話 世界中どこにもない学校を作る

セブ島に本物を作る

私はセブ島に本物の英会話学校を作りたいと思っています。世界中どこにもないオンライン英会話とフィリピン留学を作りたいのです。

本物にならなければコピーバイクのようにブームが過ぎたら捨てられてしまうからです。

なぜその教材が必要なのか、なぜそう勉強しなければならないのかを突き詰めフィリピンの特徴を生かした新しい英会話の学習法を発見しなくてなりません。

今までは英会話を勉強しようとすると駅前留学など学校に通うか通信教育などが主流です。留学と言えば学生時代にするか、会社を辞めてアメリカ、イギリスなどに数カ月、一年単位の長期間滞在すると言った感じです。

ポイントはインターネットとマンツーマン、そしてLCC(格安航空会社)です。

これからの英語学習を駅前ではなく、自宅のパソコンやスマートフォンでどこでも学び、通信教育のように一人で勉強するのではなく先生とマンツーマンで学ぶように変えていきたいのです。そして会社の長期休暇などで時間が出来ればLCCを使い気軽に短期留学に行き特訓をするのです。私はフィリピンの英語をこれまでにない新しい英語学習の形にしたいと思っています。誰もやったことがないオンライン英会話とフィリピン留学を融合させた新しい学習方法を確立したいのです。

今でも英会話学校や通信教育で英語を学んでいる方が100万人以上います。いいえ、日本人の殆どの方が学生時代英語を学んでいたはずです。

周りを見渡してください。何人の方が英語を話せていますか?これだけ長い間英語を学んだはずなのに話せる人が少ないのが残念でなりません。 はっきり言って結果が出ていない以上今までの英会話学習方法はコピーの域を出ていないのではないでしょうか?

私は自分が話せるようになったオンライン英会話とフィリピン留学を融合させた方法で結果のでる本物を作りたいと思っています。それは、気軽に勉強でき、金銭的な負担が少ない、継続しやすい、仕事を辞める必要がない英会話学習法です。

世界第三位の英語圏、世界一伝わる英語

ここで少しフィリピンの英語について説明します。

先ず声を大にして言いたいのはフィリピンにオンライン英会話とフィリピン留学を作ったのは人件費が安いからではありません。フィリピン人が世界で一番英語を教えるのが上手だからです。

理由はフィリピン人がネイティブではないからです。フィリピン人は学習して世界一上手に英語を話せるようになりました。言い換えて見たら世界で一番成功した英語の学習者なのです。

私達日本人のように文法も発音も全く違う国民が英語を習うには元々話せるネイティブより英語の学習の仕方を知っていて、英語の学習が難しいと言う事を知っているフィリピン人に習う方が良いのです。

そしてフィリピンの看護婦さんや家政婦さんは世界中で有名です。大家族で育った彼らはお互いを助け合うホスピタリティーがあるのです。世界で一番成功した学習者であり世界が認めるホスピタリティーがあるフィリピン人が世界で一番英語を教えるのが上手だと言って間違いないと思います。

私は欧米人の知り合いがたくさんいますがどうしても臆してしまい三回聞き直してわからないとニコニコと笑ってOKと言ってしまうのです。

しかしフィリピンの先生にだと100回でも繰り返し聞けます。彼らの持つホスピタリティーが優しい雰囲気をだしているのだと思います。

フィリピン訛りを心配する人もいますが是非、私達の先生の発音を聞いてみてください。毎月500人を超える応募の中から選りすぐった人材です。

もしそれでもフィリピン訛りを心配している生徒さんがいれば言いたいです。フィリピン訛りが移る位フィリピン人と勉強して頂けたのなら、既に素晴らしく上手に英語が話せるようになっていると。

私はネイティブの英語にこだわる必要はないと思っています。今更どんなに頑張ってもネイティブの発音になるはずがありません。日本訛りの英語で十分です。しっかりと通じて、ちゃんと聞き取れればいいのです。

その点フィリピンの英語は世界的にわかりやすく通じやすい英語なのです。それは世界中で活躍しているフィリピン人が証明してくれています。

オンライン英会話にもフィリピン留学にも色々なレベルの生徒が学習しています。昔の私のようにまったく話せない方からTOEICで満点近い人までいます。私は英語の勉強に終わりがないと思いました。上級者の気品にあふれる英語を聞いて私もまだまだ頑張らなくてはと思っています。

いよいよオンライン英会話の準備が始まります。しかし想定外の連続でした。