シャドーイングで得られる3つの効果と正しいやり方、よくある失敗例まとめ | 英語ブログ | オンライン英会話ならQQ English

新規登録・無料体験
はこちらから
CLICK
  1. オンライン英会話ならQQEnglish
  2. シャドーイングで得られる3つの効果と正しいやり方、よくある失敗例まとめ
英語ブログ
検索

シャドーイングで得られる3つの効果と正しいやり方、よくある失敗例まとめ

シャドーイングはリスニング力やスピーキング力アップの英語学習としてとても有名です。

しかしながら、言葉が一人歩きをしてどんな効果が得られるのか、どう行ったら良いかを知らない方も少なくありません。

今回はシャドーイングの正しい学習方法と、よくある失敗例をご紹介します。

QQ Englishでは、公式ラインアカウントにて「英語に関する情報・お得なキャンペーン情報」を配信しています。この機会にぜひ登録を!

シャドーイングとは?

シャドーイングとは、英語の音声を耳で聴き、聴いたそばから、聴いたとおりに発音していくという勉強方法です。シャドー(影)という言葉通りに、読まれた英文に遅れることなく発音をしていきます。

1文を最後まで聴き、そのあとに発音をしていくという形式ではありませんので、かなりの集中力が要求されます。

 

なぜシャドーイングがおすすめなのか?得られる3つの効果

では、シャドーイングは英語の勉強方法としてなぜおすすめなのでしょうか?得られる3つの効果をご紹介します。

1.英語のスピードに慣れることができる

影のように聴いたそばから発音をするということで、英語のスピードに慣れることができます。

リスニング力を高めようとすると、英文を何度も聴きますね。そうすることで耳が慣れていき、英語のスピードや、実際の会話のスピードに慣れていきます。

はじめはなかなか慣れずに、ゆっくりかもしれませんが、徐々にスピードを上げていくことができます。

そして、最終的に音声とほぼ同じスピードでシャドーイングができるようになると、リスニングだけでなく、スピーキングのうえでも英語のスピードに慣れることができます。

2.発音・アクセント・イントネーションの力がつく

英語の発音・アクセント・イントネーションは、実際に音声を聞いて自分の言葉で発しなければ身につけることはできません。

発音記号やアクセントの位置に関するルールを学んだとしても、それを知っているだけでは各種試験で高得点をとることも、実際の英会話で活かすこともできません。

他方、シャドーイングをすることで、自分の口から英語を発することになりますので、発音やアクセントを誤魔化すことはできません。

3.リスニング力、ひいては英語の総合力強化につながる

会話はコミュニケーションゆえに、リスニングとスピーキングで表裏一体です。

シャドーイングを通してリスニング力とスピーキング力を同時に鍛えることができます。

また、シャドーイングは英語のスピードに慣れるとともに、さまざまな英文に触れることで聴きとれる英文量もかなり増えます。

シャドーイングを通して声に出せるレベルまで持っていけますので、その英文も音声通りのスピードで聴きとれますよね。こうした点で、シャドーイングはスピーキング力をつける以外にも英語の力を総合的に上げるという点でも有効です。

 

リピーティングとの違い

シャドーイングと似て非なるものとして、リピーティングが挙げられます。

リピーティングは、リピート(繰り返す)の通り、1文やひとまとまりの文を聞いたうえで、それをまとめて繰り返す勉強方法です。シャドーイングは影のごとく聴いたそばから発音しますので、聞き取る量、声に出すタイミングが異なりますね。

 

シャドーイングのやり方

では、具体的にシャドーイングはどのように進めて行けばよいのでしょうか。

具体的な方法は以下の3つです。

1.題材となる英文を理解する

いざシャドーイングをするにしても、題材となる文章やその内容を理解せずに、聴いたそばからただ声に出す作業を繰り返すだけでは、学習効果は不十分になってしまいます。

そこで、まずは題材となる英文の内容をしっかりと理解していきましょう。

英文読解・精読をするイメージで、単語や熟語の意味、細かいところでいえば発音やアクセントについても確認をしていきましょう。

2.音読をする

テキストの内容が理解出来たら、テキストを音読してみましょう。リズムや発音、アクセントについても確認をする良い機会ですので、音声を聞いて確認をしたうえで、音読をします。

音読の効果は抜群です。

英語は語学ですので、五感をフルに使って勉強をすることで力も加速度的についていきます。

声に出した内容を自分の耳で聴くことになりますので、リスニングの勉強にもなります。もっとも、1回目で完璧に音読をすることは難しいですから、まずは読めるようになることを目標にしましょう。

次に、発音やアクセントにも気を配る。さらに、よりスピードアップするというように、段階的に取り組んでいくことをおすすめします。

3.実際にシャドーイングする

前段階のステップを踏んだら、実際にでシャドーイングに移りましょう。

題材の内容も理解でき、発音やアクセントについても音読で慣れていますので、シャドーイングを始めるうえでのハードルはかなり下がっているはずです。

もっとも、いざシャドーイングをしようとすると、短い文であればすぐにできますが、長めの文になると追いつかなくなるということが想定されます。また、言いやすい表現・聴きやすい表現もあればそうでないものもあるでしょう。

大切なことは、少しずつレベルアップをしていくことです。できるようになっているという感覚が、さらなる勉強意欲につながります。また、この段階では、英語のイントネーションについても意識を向けていきましょう。

英語と日本語では、力を入れるところ、音の上下動が全く異なります。

そのため、実際の会話で聴き取りにくかったり、うまくコミュニケーションをとることができないということにもつながってしまいます。そうしたことを未然に防ぐためにも、このシャドーイングの段階で、イントネーションも勉強をしていくことが重要です。

 

シャドーイングの注意点(よくある間違いや失敗例)

シャドーイングの方法や効果について説明をしてきました。

もっとも、シャドーイングは上級者向けの勉強方法とも言われ、正しいやり方をしなければ学習効果が十分に得られない、思ったほど力がつかないということにもなりかねません。

そこでここでは、よくある間違いや失敗例を2つご紹介します。

文法の勉強を疎かにしている

学生時代に英語を勉強したとしても、時間が経って忘れてしまっていたり、仮に学生さんであっても文法の勉強がまだ進んでいないという方が初学者の方には多いと思います。

シャドーイングは、単に音声を聴き繰り返すという作業ではなく、先述の通り題材となる英文の意味が理解できることが最初のステップです。各英文を品詞分解する、文型を確認するなどしっかりと分析をしたうえでシャドーイングの段階に移りたいものです。

初学者の場合、この段階に行かずに、言い換えると、英文を分析することが不十分になりがちです。単に耳で聴いたものを音読するということになる可能性が高く、シャドーイングの本来の効果が十分に得られないことが考えられます。

語彙力が不足している

英文を理解するには単語力や熟語力、広く語彙力が必要です。また、単語や熟語のの意味が分かるとともに、読み方(発音)やアクセントについてもある程度分かっている必要があります。

語彙力は一朝一夕につくものではありませんが、語彙力があまりに不足していると、教材となる英文を分析すること自体にも時間がかかり、思うように勉強が進まないということにもなりかねません。

単語帳や熟語帳の暗記は、並行して行う必要があります。

 

シャドーイングのおすすめ教材

では、シャドーイングにおすすめの参考書はどういったものなのか。ここでは2つご紹介します。

新ゼロからスタートシャドーイング 入門編

タイトル通り、シャドーイングを基礎から学べるテキストとなります。さまざまなタイプや分野の文章を通して、短いパッセージを題材にシャドーイングのトレーニングを積むことができます。

英文のレベルはやさしめなので、語彙力がまだ不十分という方でもスムーズに取り組むことができます。

アマゾンページへ

TOEICリスニング満点コーチが教える 3ヶ月で英語耳を作るシャドーイング

リスニング力を上げるトレーニング法としてシャドーイングが有効であるという考え方のもと、シャドーイングの方法を具体的に学ぶことができます。

ただ勉強をしていても、効果を感じることができなければ継続することは難しいです。

その点本書は、3カ月と期間を区切り、日々の学習で効果が感じられるような工夫が施されています。初学者の方でも、継続しやすいテキストです。

アマゾンページへ

まとめ

シャドーイングは、上級者向けの勉強方法と言われることもありますが、やり方を間違えなければ十分効果の得られる学習方法です。シャドーイングは英語の総合力を高めることにもつながります。

はじめは平易な文から始め、徐々にレベルアップしていきましょう。

QQイングリッシュのオンライン英会話では、シャドーイングよりも効果的な英語学習法「カランメソッド」「R.E.M.S.」などを用意しています。

ぜひ無料体験レッスンを受けてみてください。