TOEIC惨敗の元旧帝大生がリスニング力を磨くまでの道【#私の英語学習法 91】 | QQE英語コラム | オンライン英会話ならQQ English

新規登録・無料体験
はこちらから
CLICK
QQE英語コラム
検索
私の英語学習法

TOEIC惨敗の元旧帝大生がリスニング力を磨くまでの道【#私の英語学習法 91】

NO.91 きなこ@Kinaco_Inu on Twitterさん

私の英語学習法

リスニングが壊滅的だった私は、リスニング力向上のために、NHKラジオ英会話を使い倒しました。
ポイントは特定の時間帯を英語学習の時間と決めたこと、毎日継続したことです。

「通勤はNHKのラジオを通して聞く&ディクテーション」
「夕食後、オーバーラッピング→シャドーイング」
と具体的に決めて、毎日行いました。

【ディクテーションのコツと手順】
 ❶初めは全文を通して聞く
 ❷コンマ区切りなど、切りのいいところで
  止めながらディクテーション
 ❸文の途中で止めてもOK
  最低5回位までは聞いてみる
  
  明らかに聞き取れる単語は書かなくてもOK
  例)Yes → Yとだけ書いておく

 ❹テキストで文字と答え合わせ
 ❺テキスト見ながら音声を再確認
 ※聞き取れなかったところ中心に

【オーバーラッピングとシャドーイングのコツ】
・発音の際の基礎事項は徹底して行う。
 (thは上下の歯の隙間に舌を入れる、など)
・慣れないうちはオーバーラッピングのみ行う
・ディクテーションで聞き取れなかったところは
 注意する
・音と文字がかい離しているところは注意する
・口が回らないところは、なるべく再現できるまで
 繰り返して行う

得られた成果

旧帝大の文学部で言語学を専攻したにも関わらず、TOEICのリスニングは全く音に聞こえず、惨敗。
読解力だけでスコアを取り、なんとか600点前後。
地道に上記の方法で2年間続けたところ、TOEIC800点台にまで伸びました。

具体的には次の二点効果を感じました。

・音と文字のかい離のルールが体得でき、
 リスニング力が伸びた。
・音と文字のかい離を発音し分けられるようになり
 リスニング力向上に相乗効果があった。

TOEIC800点に自信が付いた私はその後、専門学校に留学し、留学先では自分より滞在歴の長い生徒にも勉強が教えられるほど、実用的な力が身に付いていたことに気が付きました。
また、地道に学習を続けたところ、最終的にはTOEIC985点のスコアをマークすることができました。