交渉が難航した時に使える!ビジネス英語フレーズ【10選】 | 英語ブログ | オンライン英会話ならQQ English

新規登録・無料体験
はこちらから
CLICK
  1. オンライン英会話ならQQEnglish
  2. 交渉が難航した時に使える!ビジネス英語フレーズ【10選】
英語ブログ
検索
英語コラム

交渉が難航した時に使える!ビジネス英語フレーズ【10選】

woll be going to
最近は仕事ではもちろん、オンラインショッピングなどで、海外の人と英語でやり取りをする機会が増えてきていますよね。 今はツールの進化で、簡単なやり取りであれば、翻訳ソフトを使って英語で手軽にメールをする事も可能になりました。また、オンライン英会話などのレッスンを通して、ネイティブと手軽に英会話を練習出来る機会も増えてきています。 ただ、海外の人とやり取りをする中で、交渉が難航してしまった時はどうでしょうか。難航した交渉を成立させたい時、どうしてもネイティブがビジネスで使う、丁寧でこなれた表現が不可欠となってきます。 日本語のビジネス敬語を、翻訳ソフトでそのまま翻訳すると、かなり不自然な表現になってしまったりします。難しい交渉には、微妙なニュアンスの違いが致命的になる事もありますよね。 よく英語では、要求をストレートに伝えた方がいい、などと思われがちですが、実際は日本語でのビジネスマナー同様、少しオブラートに包んで伝えた方が、その後の交渉がスムーズになるといった状況が沢山あります。 そこで、今回は交渉が難航した時に、英語でのビジネスマナーに沿って使えるフレーズを10パターン紹介していきます。

相手の提案に同意出来ないことを伝える時に使えるフレーズ

1. I am afraid I have something different in mind (残念ながら、私は違った案を考えています)

提示された提案や要望に対して、自身の意見を最初に示す事は、英語の交渉において何よりも大事です。ただし、ビジネスシーンにおいて、ただNoと答えるだけでは、ぶっきらぼうな印象を与えてしまいます。 センテンスの前に、I am afraid (残念ですが)などのフレーズを入れる事によって、少し和らいだ形で、不賛同の意思を示す事が出来ます。 他にも、I am afraid that is out of the question (残念ながらそれは全くもって不可能です) など、丁寧ながらはっきりと自分の主張を伝え、次の交渉の段階へ持っていきましょう。

2. I understand where you’re coming from; however…(あなたの仰っている事は分かります。ただ…)

「相手の主張に、私は同意していないけれど、理解は出来ます」という事を伝えたい時に使える、英語では定番のフレーズです。 相手に、「この人は私の言っている事が理解出来ていないのでは?」「この人は私の主張を聞く気がないのでは?」と思わせないためにも、交渉の中で使っていきたいフレーズです。 また、相手への理解を示す事で、その場の雰囲気も和らぎ、後の交渉をスムーズに運ぶ事が出来ます。 他に、I understand your position; however… (あなたの立場は理解出来ます。ただ…) なども定番のフレーズです。

相手の誤解を正す時に使うフレーズ

3. There seems to have been a slight misunderstanding (どうやら誤解されている部分がある様です)

交渉をしていく内に、認識のすれ違いや誤解が生じる事はよくあります。そんな時、あまり波風を立てず、相手の間違いや誤解を指摘したいですよね。 そんな時に使いたいフレーズがこちらです。 いきなり「That’s wrong!」(それは間違っている!) などと、ストレートに指摘してしまうと、せっかくうまくいきそうな交渉も決裂しかねません。 他にもPerhaps(おそらく、もしかしたら)を使って、 “Perhaps I am not making myself clear”(もしかしたらはっきりと伝わっていなかったかもしれません)など前置きしてから、誤解を正すと、その後の会話もスムーズに運びます。

4. I just want to make sure I got this part straight. (この部分について、正しく理解しているか確認させてください)

相手の主張が、自分の認識とどうも違うな、と感じた時や、相手の提案で不明瞭な部分があった時に使えるフレーズです。 英語での議論では、曖昧なまま話しを進めてしまうと、相手から不誠実だと見られかねません。必ず、会話の途中でも、遠慮せず、分からなかった部分は聞き返していきましょう。 他にも、Could you be more specific on…? (〜についてもうちょっと詳しく説明してください) など、もっと詳細を聞きたい時に質問するフレーズもあります。

自分の提案を主張する時に使うフレーズ

5. Here’s what I can offer you instead. (代わりに私が提案出来るのはこちらになります)

相手の提案を一通り聞いた後、自分の代替案を提案する時に使えるフレーズです。 いきなり提案を話し出すよりも、このフレーズを挟む事によって、相手も話にすっと入りやすくなります。 他に、I propose that…(〜を提案します)、I think the best way is to…(ベストな方法としては〜)等を使って、自分の提案を主張していきましょう。

妥協案を提案する時に使うフレーズ

6. Could you meet us halfway? (お互い譲歩しませんか?)

直訳すると、お互いのいる場所の中間地点で会いましょう、という意味になり、待ち合わせをする時に使う言葉ですが、金額やビジネス案の交渉にも使う事が出来ます。 例えば相手が提示してきた金額と、自分が主張している金額に大きな開きがある時などに、 Could you meet us halfway, at $10 per box? It’s too low. (お互い譲歩しませんか?1 箱につき10ドルでどうですか?提案金額はちょっと低過ぎます) などの様に使って、金額を交渉してみましょう。

7. I may accept your offer on condition that…(〜の条件であれば提案を受ける事が出来ます)

交渉していく中で、どうしても譲れない条件を除けば、残りの提案は受ける事が出来そう、といった時に使えるフレーズです。 すぐにYESとは言いたくないけれど、条件によっては交渉成立が出来そうな時に使いましょう。 他にも、I can accept that if you…(あなたが〜してくれたら、提案を受け入れる事が出来ます)、I could offer you… if you can agree on… (〜に同意して頂ければ、提案を受け入れる事が出来ます) 、なども使えます。

8. In exchange for [A], would you agree to [B]? (Aの代わりに、Bはどうですか?)

提案された条件に対して、妥協案を提案したい時に使えるフレーズです。 他にも、相手の案に100パーセント満足してはいないけれど、この妥協案だったら受け入れますよ、と言いたい時に使うフレーズとして、We need [A], but we’ll accept [B]. (本当はAが希望だけれど、Bでも提案を受けます)や、Although we wanted [A], I think we can still work with [B]. (本当はA案が理想ですが、B案でも何とかする事は出来ます)などがあります。

交渉を最終的にまとめる時に使うフレーズ

9. That seems acceptable/reasonable to me (その提案なら受ける事が出来そうです)

最終的にお互いの妥協点が見つかって、交渉がついに締結出来そうな時に使えるフレーズです。 他にも、I think your proposal is acceptable.(あなたの提案は受け入れる事が出来そうです)や、I think we have a deal(その提案で手を打ちましょう)などのフレーズを使って、提案を受け入れる旨を伝えましょう。

10. I’ll get back to you on this (それについてはまた改めてご連絡します)

難しい交渉になると、全ての要求に対してその場で結論が出せない事がありますよね。そんな時に使う定番フレーズがこちらです。 また、相手の質問に知識不足で答えられなかった場合、分かりませんと正直に言ってしまうと、あなたの立場が弱くなってしまいます。 そんな時には、I don’t know exact answer, let me check it and I’ll get back to you as soon as I can. (それについては直ぐにお答えする事が出来かねます。すぐに確認して、改めてご連絡いたします)と答えましょう。

最後に

交渉が難航した時に使える10のフレーズをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 英語には敬語がない、と言われたりしますが、ご紹介した通り、ビジネスの場面においては、日本語の様に、相手に失礼のないよう婉曲的な表現を使う事が常識となっています。 また、少しこなれた表現を使う事によって、相手への印象がぐんと上がって、交渉をスムーズに進める事が出来ますね。 とはいっても、ここで覚えたフレーズを急に英会話で使うのは難しいかと思います。 まずはオンライン英会話などでレッスン中の会話に今回紹介したフレーズを取り入れ、使っていきましょう。自然な表現を身につけたら、難しい場面での英語の交渉にも自信を持って臨む事が出来ますね。