have toと mustの意味と使い分け!何が違うの? | この英語どうやって使うの? | QQ English

新規登録・無料体験
はこちらから
CLICK
QQE英語コラム
検索
2つの英語、何が違うの?

have toと mustの意味と使い分け!何が違うの?

こんにちは!QQEスタッフのReiです!
「~しなければならない」という意味を持つ「must」と「have to」。どっちを使ってもいいと思っていませんか?

試験の言い換え問題ではhave toときたらmustと入れますが、この二つは完全なイコールではないんです。

must とhave toにはいくつかの違いがあるのでそれを今回は紹介していきたいと思います。

肯定文

have to

主語+have to+動詞の原形~
――〜しなくてはいけない、せざるを得ない

have(has) toの「~しなくてはいけない」は義務的にしないといけない、という意味です。
外部からの影響を及ぼす要因が “have to” には込められています。
つまり、ここに自分の意見は入っていません。
下の例文を見てみましょう。
  • You have to study English.
  • (あなたは英語を勉強しなくてはいけない)

状況や規則など客観的な理由から「勉強しなければならない」というニュアンスです。
たとえば、客観的理由として考えられるものとして、仕事で英語が必要になるから、英語の試験が近いから、などといったものです。

must

主語+must+動詞の原形~
――〜しなくてはいけない

mustの「~しなくてはならない」は話し手が思う主観的な意見です。
そして”must” は強い指示や規則を表す場合によく使われ、強制的なニュアンスが含まれ、言われた側に反感を持たれる可能性がある注意すべき表現になります。
  • You must study English.
  • (あなたは英語を勉強しなくてはいけない)

勉強しないといけないと俺は思ってから、勉強しなさい、と主観的で、強制力のあるニュアンスです。
このように”You” を主語にして使う場合には “must” は命令のニュアンスが出て、とても強い表現になりますが、主語が”I”だと自分の決意を強く表現するものになり、人の反感を買うことはありません。
  • I must study English.
    (私は英語を勉強しなければなりません)
英語の勉強をしなければまずいのでやらなければ、というニュアンスです。

否定文

肯定文のhave toとmustの違いは強制力の強さ、主観的か客観的か、ですが、否定文になると意味合いは大きく変わります。
また、否定形の作り方も異なるのでそこも注意しましょう。

have to

主語 + don’t(doesn’t) + have + to + 動詞の原形
――~しなくてもいい、~する必要はない
  • You don’t have to sing here.
  • (ここで歌はなくてもいいですよ)

must

主語 +mustn’t(must not)+ 動詞の原形~
――してはいけない

must自体の意味が強制力が強いので、否定形にすると、~してはいけない、と禁止の意味になります。
  • You must not sing here.
  • (ここで歌ってはいけません)

過去形

主語+had to+動詞の原形~
――しなければならなかった

「~しなければいけなかった」という過去形はhave toを使います。
mustは使えません。
  • I had to study English.
  • (私は英語を勉強しなければいけなかった)
主語+must+have+過去分詞~
――~したに違いない、だったに違いない
助動詞must事態を過去形にすることはできます。
ただ、意味合いが多く変わり、推量のmustになるので「~しなければならなかった」と言う場合には使えません。
  • You must have been sleepy after work.
  • (仕事の後、あなたは眠たかったに違いない)

まとめ

今回の記事ではhave to とmustの違いを紹介しました。
have toは客観的な理由で~しなくてはいけない、という意味で、mustは主観的な理由で強制力の強いニュアンスを含みます。
トラブルの避けるためにも主語が自分以外の時はhave toを使ったほうがいいでしょう。

何が違うの?