これで迷わない!”Forgettable”と”Forgetful” | QQE英語コラム | オンライン英会話ならQQ English

新規登録・無料体験
はこちらから
CLICK
QQE英語コラム
検索
2つの英語、何が違うの?

これで迷わない!”Forgettable”と”Forgetful”

こんにちは、QQEスタッフのReiです!

突然ですが、次の問題にチャレンジしてみてください。

“My father left his phone at home again. OMG, he has become(   )these days.”

A. forgettable

B. forgetting

C. forgetful

D. forgotten

「“forgettable” と ”forgetful” のどちらか?違いは…あれ、忘れちゃった。丸暗記したはずなんだけどな~、俺って忘れっぽいからな~」

と感じてしまった方、今回は “Forgettable” と “Forgetful” の違いをみていきましょう。

 

これで迷わない!”Forgettable”と”Forgetful”

【1. Forgettable】

「忘れられやすい、影が薄い」という意味があります。冒頭の穴埋め問題にこれを入れてしまうと…

    • My father left his phone at home again. OMG, he has become forgettable these days.

父はまた家に携帯を忘れてやんの。はぁ、(父は)影が薄い存在になってきたな~。

確かに父は影が薄い存在の可能性もありますが、文脈的にちょっと合いませんよね。

実は末尾の “able” には【受動】のイメージがあります。

受動態で習った【~られる】というイメージをそのまま持ってくれば、

”Forget” =【忘れる】

”Forget+(t)able” =【忘れる+られる】

というようになり【(皆から)忘れられる=影が薄い】という意味になります。

使い方は “forgettable + 名詞” が一般的で、”a forgettable film”【記憶に残らない映画】、などがあります。

 

【2. Forgetful】

「忘れやすい、忘れっぽい」という意味があります。冒頭の穴埋め問題に入れると…

    • My father left his phone at home again. OMG, he has become forgetful these days.

父はまた家に携帯を忘れてやんの。はぁ、(父は)忘れっぽくなってきたな~。

という具合になり、意味的にも正しい文章になります。

“able” の比較対象は基本的には【能動】と理解しておけば大丈夫です。

能動のイメージは【自分から行く!】です

”Forget” =【忘れる】

”Forget+ful” =【忘れる+にいく】

というようになり、「忘れやすい、忘れっぽい」となります。

先ほどの説明でイメージを掴んだら、他の単語の意味も分かりやすくなりますね。

 

【3. 他にもあり! “respectable” と ”respectful”】

“respectable” 【立派な、きちんとした】→皆から尊敬されているからね!

    • He comes from a respectable family.

彼はいい家庭から来た[育った]

“respectful” 【敬意を示す、尊敬している】→尊敬をしている側

    • They are respectful of tradition.

彼らは伝統を大事にしている

 

【4. 他にもあり!“regrettable” と ”regretful”】

“regrettable” 【残念な、気の毒な】→事故は残念に思われるからね!

    • It was a regrettable incident.

それは気の毒な事故だった

”regretful”【残念に思っている、悲しんで】→残念に思っている側

    • I was very regretful.

私はとても悔しかった

 

まとめ

今回は ForgettableとForgetfulの違いを学びましたね。その他にも同じような語尾の単語が出てきたら、当てはめてみましょう!

「”able” は受け身!」、意味を理解すれば、すんなりと頭に残り、そして他の単語にも生きていきますよ!





何が違うの?