canとcould意味と使い分け!何がちがうの? | この英語どうやって使うの? | QQ English

新規登録・無料体験
はこちらから
CLICK
QQE英語コラム
検索
2つの英語、何が違うの?

canとcould意味と使い分け!何がちがうの?

こんにちは!QQEスタッフのReiです!
日常会話でcanとcouldってよく出てきますよね。
この2つの違い、しっかりと理解できていますか?あやふやなまま、授業を進めてしまった人も多いと思います。
授業ではCouldはcanの過去形と習いますが、両者の違いはそれだけではありません。
今回はそんなcanとcouldの意味と違いを紹介したいと思います。

Can

canの基本

――「~することができる」「~してもよい」「~の可能性がある」
主語 + can + 動詞の原形
  • ~することができる
  • I can speak English.
    (私は英語を話せます)
    You can learn a lot of thing by books.
    (本から様々なことを学ぶことができます)

  • ~してもよい
  • You can open your eyes.
    (目をあけてもいいですよ)
    You can drink my water.
    (私の水を飲んでもいいですよ)

  • ~の可能性がある
  • It can be true.
    (それは本当かもしれない)
    Everyone can be a hero.
    (みんなヒーローになる可能性がある)

Canの否定文

主語 + can‘t + 動詞の原形

「can」を否定文にするには、「can」の後に「not」を付けて「cannot」を使うか、短縮した「can’t」を使います。
  • ~することができない
  • I cannot sing very well.
    (私は、あまり上手に歌うことができません。)
    I can’t go traveling with you.
    (あなたとは旅行にいけません)

  • ~してはいけない
  • You can’t wear my dress.
    (私のドレスを着てはいけません)
    You can’t touch my iPhone.
    (私のiPhoneを触ってはいけません)

  • ~の可能性がない
  • It can’t be true.
    (それが事実わけがない!)

Canの疑問文

Can + 主語 + 動詞の原形~?
――~できますか?、~してもいいですか?

助動詞canを前に出して疑問文を作ります。
答え方としては「Yes, 主語 + can.」または「No, 主語 + cannot(can’t).」を使います。
  • ~できますか?
  • Can you speak Spanish?
    (あなたはスペイン語を喋れますか?)
    Yes, I can.
    (はい。喋れます。)
    No, I can’t(cannot).
    (いいえ。喋れません。)

  • 依頼のcan
  • Can you pass me the salt?
    (塩を取ってくれますか?)

  • 許可のcan
  • Can I call to you now?
    (今、電話してもいいですか?)

  • 可能性のcan
  • Can it be true?
    (それは本当ですか(それが本当なんてことがありうるだろうか))

Could

canの基本形

主語 + could + 動詞の原形
  • Canの過去形のcould.
  • 過去に~できた、と過去の話をする場合はcanの過去形としてのcouldとして使うことができます。

    He could speak English before because he lived in America when he was kid.
    (彼は子供のころアメリカに住んでいたので以前は英語を話すことができました。)
    She could dance very well when she was young.
    (小さい頃は彼女はとても上手に踊れました)

    しかし、~できたという表現を使う場合にはルールがあり使用場面が少し限られています。

  • 未来の可能性を指すcould
  • ~かもしれません、と未来の可能性を指す時、明らかに未来とわかる単語やbutやifと一緒に使われることが多いです。
    またこの可能性は実現する可能性が低い時に使われます。

    It could be sunny tomorrow.
    (明日は晴れるかもしれません)
    I could win the first prize without her, but the other swimmers also swim fast.
    (彼女なしなら1位を取れるかもしれませんが、他の競泳選手の泳ぎも早いですよ)
    I could speak Spanish if I move to Spain.
    (もしスペインに引っ越せばスペイン語を話せるかもしれません)

Couldの否定形

――~できなかった
主語 + could not(couldn’t) + 動詞の原形

I couldn’t play piano before.
(私は以前はピアノが弾けませんでした)
I couldn’t speak Japanese when I lived in America.
(アメリカに住んでいた時、私は日本語が喋れませんでした)

  • ~できないだろう
  • 可能性の否定を表しています。

    I couldn’t live in a big city. I’d hate it.
    (大都市に住むことはできないだろう)

  • ~のはずがない
  • これ以上賛成できるはずがない⇒大賛成と変化している意味です。

    I could’nt agree more.
    (大賛成です)

    Couldの疑問形

    Could + 主語 + 動詞の原形~?
    • ~できましたか?
    • Could you run fast when you were kid?
      (子供のころ早く走れましたか?)

    • ~してくれませんか?
    • 依頼のcouldです。
      この依頼のcouldはcanと比較するととても丁寧な表現になります。

      Could you open the window?

      (窓を開けてもらっていいですか?)

    • 許可を求めるcould
    • この許可を求めるcouldもcanより丁寧な表現です。

      Could I use your bathroom?
      (バスルームをお借りしてもよろしいですか?)

      また please を足してさらに丁寧にすることもできます。

      Could I have your name, please?
      (お名前をお伺いしてもよろしいですか?)

    まとめ

    単純にCouldはCanの過去形という意味だけではありません。
    Couldの方がcanより丁寧な表現です。
    違いをしっかり理解しましょう。

    何が違うの?