【簡単】前置詞「by」「 with」の使い方!何が違うの? | QQE英語コラム | オンライン英会話ならQQ English

新規登録・無料体験
はこちらから
CLICK
QQE英語コラム
検索
2つの英語、何が違うの?

【簡単】前置詞「by」「 with」の使い方!何が違うの?

こんにちは!QQEスタッフのReiです!

今日紹介したいのは「by」「 with」です。どちらも何かをする方法を言う時に使う前置詞です。二つの使い方としてよく説明されるのが、with が道具で、by が手段と言われています。

具体的な例文を含めて道具と手段の違いを見ていきましょう。

withとbyの違い

by:「交通手段」や「連絡手段」を言う時や、「動名詞」が後ろに来る場合などに使う。
aやtheなどの冠詞がつかない。
with:主に「道具」や「体の一部」を使う時に使う。

withとbyの使い分けの基本的な使い分けの仕方は上のようになります。
例外もありますが、基本ルールを覚えておくとだいぶ役に立ちます。

注意点としてbyの後ろにくる名詞には、aやtheなどの冠詞がつきません。違いを判断する時に重要となるポイントです。

by

by+名詞(人、モノ、場所)
by+動名詞(~ing)

byは「交通手段」や「連絡手段」を言う時や、「動名詞」が後ろに来る場合などに使います。
aやtheなどの冠詞がつかない点も注意しましょう。
また、byは 他の手段があるものに使われることが多いです。
  • I went to my workplace by taxi because I was in hurry.
  • (急いでいたので、私は職場にタクシーで向かいました。)

    タクシーは交通手段です。そのため、byが使われます。
    他の手段としてby taxi, train, busが考えられます。

  • I will inform her of new rule by e-mail.
  • (私は新しい規則について彼女にメールで知らせます)

    連絡手段のため、byがきます。また、他にも手段(by letter, phone)が考えられるのでbyです。

  • He earns his living by selling vegetables.
  • (彼は野菜を売ることで生活費を稼いでいます)

    Byの後ろが動名詞ですね。動名詞はByの後にしか付きません。

with

with+名詞(人、もの、場所)

主に「道具」や「体の一部」を使う時に使います。
また、他の選択肢が頭に浮かばない場合にwithが来ることが多いです。

withというのは「~と一緒に」という意味があります。そのため、何かをする方法を示すためのwithを使う場合も、withには共存のイメージがあります。
  • I took the picture with my phone.
  • (私はその写真を携帯で撮りました)

    withの後には道具として使われたmy phoneがきているのでwithがふさわしい前置詞です。

  • She pointed him with her finger.
  • (彼女は彼を指を指しました)

    体の一部が来る場合もwithが来るんでしたよね。

ニュアンスの違いを見てみよう
同じ文でbyとwithを使った例文を比べてみましょう。

This statue was broken with a stone.
This state was broken by a stone.
(この銅像は石で割られました)

1文目は共存のイメージがあるwithが使われています。そのため、銅像を壊した人と意志がセットになっており、意図的に壊されたニュアンスが強いです。
一方、byが使われている2文目は何によって割られたのかという点に重きを置かれています。そのため、たまたま壊れてしまったのかもしれません。

まとめ

Byとwithについて今回は紹介してきました。
おさらいをすると、Byは交通手段や連絡手段、いわゆる手段を表す時に使われます。また、by以下に冠詞はつきません。
Withは道具や体の一部を方法として表す時に使われます。
この2つの違いは文にふれて慣れていきましょう。

何が違うの?