私たちが英語を話す為に必要なコト。

いちばん大切なのは「とにかく英語を話すこと」。

筋トレでカラダの筋肉を鍛えるように、
英会話で英語を話すための運動神経を鍛える。

その繰り返しが、
英語を話すための神経回路 = 「英語脳」をつくりだすのです。

QQイングリッシュには、そんな
「英語脳」を育むために必要なカリキュラムがそろっています。

その他のカリキュラムについてはこちら

英語脳とは?

聞くだけではダメ!!必要なトレーニングは「とにかく話す」こと!

QQイングリッシュの約束:質の高いレッスンを提供する為に

教師は全員正社員の「英語教育のプロ」

QQイングリッシュの講師たちは、すべてフィリピン国内で高い評価を得ている大学の出身者。さらに全員が英語教授法の国際資格TESOL取得を条件に正社員雇用されており、英国から招聘した言語学スペシャリストによる定期的なトレーニングも受けています。そんな教育に対して高い意識と情熱を持ったプロフェッショナルが、あなたの英語力の向上を全力でサポートします。

とにかく話せる「マンツーマンレッスン」

「話すための英語は、会話から学ぶ」。そう考えるQQイングリッシュでは、すべてのレッスンをマンツーマンで提供しています。日本人が最も苦手とするリスニング&スピーキングのスキルを伸ばすためには、とにかくたくさん英語を聞いて話す場が必要だからです。1対1の密度の濃いレッスンで、自然に英語が話せるように導きます。

日本人スタッフによる「万全のサポート体制」

生徒の皆様が安心してレッスンを受けられるよう、日本人スタッフによる日本語サポートにも力を入れています。サポート時間は早朝6:30から深夜25:00まで対応。初回のガイダンスだけでなく、サイトの使い方からおすすめの学習コースの提案、学習相談まで受け付けております。

QQEnglish(QQイングリッシュ)はフィリピンでも安定したインフラを備えたITパークにあります。

安心のインターネット環境

当校が立地するのは、セブ市内の経済特区「ITパーク」。多数の外資系企業が集積する最先端のエリアです。大容量光回線のインターネット・インフラを完備しているほか、停電時に備えた大型発電機を設置するなど、24時間安定したサービスを提供するための環境が整っています。

※フィリピンの休日は休校となります。

明治大学:文部科学省グローバル人材育成推進事業採択校

共愛学園前橋国際大学:文部科学省グローバル人材育成推進事業採択校

実践女子大学

全国の大学にレッスンを提供。“教育の最高機関”からも選ばれています。

QQイングリッシュのレッスンは、教育の最高機関である大学からも認められています。
2011年にスタートした明治大学とのプロジェクト「英語特訓講座」では、
80時間のレッスンを受講した学生21名のTOEICスコアが最高250点、平均110点と大幅アップ。
QQイングリッシュのレッスンの高い学習効果が証明されました。
現在は明治大学をはじめ、共愛学園前橋国際大学、実践女子大学で採用。
神戸大学、法政大学においても実証実験を開始しています。

レッスン体験!「無料トライアル」はコチラから

人々の声

専門家の声

Specialist's Voice

阪井 和男先生

明治大学法学部 教授
文明とマネジメント研究所所長

阪井 和男先生

明治大学では2011年よりQQイングリッシュとの共同プロジェクト「英語特訓講座」をスタートしています。この実証実験によって学生たちのTOEICスコアが大幅に向上(平均110点)したことには、正直驚きました。マンツーマンで即応的に会話し続けるレッスン方式は、TOEIC試験対策のための学習方法ではありません。しかし、講師と1対1で向き合って英語学習に集中するという「環境」は、密度の濃い「訓練」を可能にします。その結果、学生たちはこれまで培ってきた潜在的な能力を短期間(レッスン80時間)で開花することができたのでしょう。QQイングリッシュのレッスンは大学でも十分に活用できる可能性があります。現在の大学のシステムでは補いきれない学習の本質を問いなおすきっかけになることを期待しています。

坂本 美枝先生

サイバー大学IT総合学部
語学・教養部教授

坂本 美枝先生

これまで大学の英語教育現場で幅広く指導を行ってきましたが、近年新しい英語学習法として注目しているのがカランメソッドです。私自身もそうでしたが、日本の学生は、いまだに英文読解や文法学習といった「机上の学習=インプット量の増大」を中心とした英語学習を行いがちなように思われます。もちろん英語の知識のインプットは、質の高いコミュニケーションを支える基礎になります。しかし、アウトプットのパフォーマンス向上には、より実践に近い形でのアプローチが必要でしょう。「聞いて話す」訓練に特化したカランメソッドは、そんなインプットとアウトプットのギャップを埋める方法として、とても有効だと感じています。ロンドンのカラン本校が認めた数少ない正式認定校として、QQイングリッシュが日本の英語教育に果たす役割に期待しています。

晴山 陽一先生

作家・英語教育研究家
「10秒英語塾」主宰

晴山 陽一先生

私は常に締め切りに追われて執筆しています。家にいて、好きな時間に受けられるオンライン英会話は、そんな私にぴったりです。昨年だけでも、QQEnglishのレッスンを100回ほど受けました。オンライン英会話のおかげで、英語を話すことが自然な行為になりました。特に忙しくて時間のない方に、私はオンライン英会話をお勧めします。オンライン英会話のおかげで私の人生は驚くほど豊かになりました。

試験対策、ビジネス、海外旅行。
QQイングリッシュがオススメする目的別カリキュラム

TOEICのスコアアップを狙いたい方には・・・

目安としてスコアが550点に達していない方は、まず「QQE BASIC」で語彙や文法など英語の基礎体力をしっかり身に付けましょう。一方、すでに550点以上のスコアをお持ちの方には、40日間の集中講座「QQE TOEIC730」がおすすめ。また、リスニングパートが苦手な方は、本校のカランコースを併せて受講することで、さらなるスコアアップを狙いましょう!

レベル:初中級〜上級

ビジネスでキャリアアップしたい方には・・・

電話のかけ方やメールの返信など、シーン別に使えるビジネス英語を身につけたい方にはロールプレイ中心の「ビジネスイングリッシュ」が最適。また「トピックカンバセーション」では、プレゼンや会議に役立つコミュニケーション能力が養えます。上級レベルの方には「ニュースアラート」がおすすめ。時事問題についてディスカッションしながら多様な表現力を学べます。

レベル:中級〜上級

海外旅行をもっと楽しみたい方には・・・

2013年夏に新しくリリースされたトラベルイングリッシュの決定版「ウェルカム アボード」がおすすめです。シチュエーションごとによく使うフレーズを教師とアウトプットしながら学ぶことで、旅先ですぐに役立つ英語表現を短期間で確実にマスターできます。さらにスムーズな会話を楽しみたい方は、カランコースとの組み合わせもおすすめです。

レベル:初級〜中級者

その他のカリキュラムについてはこちら

毎日受けたい人にも、マイペースに受けたい人にも。
継続しやすい料金プラン

月会費プラン:3,980円

月々3,980円で400ポイント(※)がもらえる「月会費プラン」は、1ヵ月に約16~8回(※※)の
レッスンが受けられるプラン。週2回以上レッスンを受けたい方にぴったりのプランです。
追加でレッスンを受けたい場合は、さらにお得なポイントの追加購入も可能。
ご自身のペースに合わせて自由な学習計画が立てられます。

※ 月会費プランのポイントは翌月に繰り越すことはできません。

※※ 回数は50ポイントのレッスン=8回、25ポイントのレッスン=16回となります。

今すぐCheck!:料金・プランについてはコチラから

法人のお客様には専用のプランがございます

レッスン体験!「無料トライアル」はコチラから

よくあるご質問(FAQ)

オンラインの英会話スクールはたくさんありますが、他のスクールとQQイングリッシュの違いは何ですか?

最大の違いは「教師の質」です。まず、QQイングリッシュは教師全員に英語教授の国際資格(TESOL)取得を義務付けているため、高いティーチングスキルを持っています。彼らは「教育」に強い情熱と誇りを持っており、ただ単に英語を教えるだけでなく、生徒ひとり一人の人生を英語によって豊かにすることを目指しています。そんな教師たちだからこそ、優れたカリキュラムを使って「高品質のレッスン」を提供できるのです。

どれくらいレッスンを続けると英語が話せるようになるのですか?

レッスンを始めた時点での英語力によって差はありますが、当校の場合、まず「カランメソッド」を20時間、さらに「QQE BASIC」で25時間の受講を終えると、英語力の向上をほとんどの生徒が実感できるというデータがあります。成長を実感することで学習意欲が増し、モチベーションも継続します。もちろん、授業を受けるだけではなく、予習・復習を欠かさないことも大切です。頑張ってください!

複数のコースを組み合わせて受講することはできますか?

はい、受講できます。「カランメソッド」や「QQE Basic」を軸に、「QQE TOEIC730」、「トピックカンバセーション」、「ビジネスイングリッシュコース」など、それぞれの目的に合わせたコースと組み合わせると、さらに学習効果アップが期待できるのでおすすめです。

詳しくはこちら

混雑する時間、予約を取りやすい時間を教えてください。

混雑する時間帯は、平日であれば「出勤前(早朝〜午前8時頃まで)」「帰宅後(午後8時〜)」、土日は1日を通じて全体的に混み合います。一方、予約が取りやすいのは上記以外の時間帯ということになります。また、休日前や金曜日の夕方以降については比較的、予約が取りやすいといえます。

教師はフィリピン人とのことですが、発音の訛りは大丈夫ですか?

一般的に、大学を卒業したフィリピン人教師の多くは、ナチュラルで聞き取りやすいアメリカ英語を話します。中でも当校では、教師の採用時にネイティブスピーカーによるチェック等を行い、発音に関してはとくに厳しい基準を設けております。そして採用後は、いちだんと厳しいトレーニングを実施しています。より自然で美しい発音を追求すべく、徹底的に発音の矯正に努めておりますのでご安心ください。