教育機関の皆様へ

教育機関でのオンライン英会話活用が増えています。

学校導入実績No.1

教育機関へのオンライン英会話のレッスン提供は他社に先駆けて開始しており、実績は業界ナンバーワン。
また、学研と共同開発の小学生向けのカリキュラムも注目を浴びています。
こうした新しい取り組みは各メディアで取り上げられ、2016年3月にはNHKの番組内で特集を組んで紹介されました。

大学 導入実績

  • 関西大学

  • 明治大学

  • 共愛学園前橋国際大学

  • 実践女子大学・短期大学

  • 神戸大学

  • 拓殖大学

中学・高等学校その他 導入実績

  • 立命館中学校

  • 山梨県立甲府東高等学校

  • 実践女子学園中学校高等学校

  • 茨城高等学校

  • 横浜富士見丘学園中等教育学校

  • ノートルダム女学院中学高等学校

2016年度導入決定

  • 大妻中野中学校・高等学校

  • 東京立正中学校・高等学校

教育機関様へご提供できる3つの理由

エビデンスの提供

生徒様一人ひとりの受講回数や、教師からの英会話スキルの評価を「個別レポート」として、 担当教員様の管理用サイトで確認することができます。
また国際的な言語能力評価CEFRに準じた弊社オリジナルスピーキングテストで英語レベルの効果測定を行うことも 可能です。

TESOLまたは教員免許取得義務付け

教師にはTESOL(国際教育資格)取得を義務付け、チームを組んで会議や研修で繰り返し自己研鑚を励むシステムを設けています。

抜群のネット環境

弊社オフィスは経済特区・ITパークにありフィリピンの中では特に優れたネット環境から全てのレッスンを実施しているため、1クラス数十人規模の同時レッスンも可能です。


山梨県立甲府東高等学校様 レッスン風景

導入をご検討の場合は、学校名と利用予定の人数/回数/期間をお知らせください。

お問い合わせ

ご希望にあわせてアレンジ

「授業の一部だけオンライン英会話にしたい」「留学予定の学生にのみ学外で受講させたい」など、 ご希望に答えます。

授業時間のアレンジ

授業時間の全てをオンラインレッスンとすることも、下記のように一部だけ利用することも可能です。

授業時間のアレンジ

カリキュラムのアレンジ

フリートークから、スピーキング能力の向上に特化した「Callan Method」など 弊社カリキュラムでもご提供可能です。

レッスン提供校のひとつ、明治大学の生徒様によるカランメソッド受講後のインタビュー

オンラインと留学の連携学習

弊社オンライン英会話だけでなく、フィリピン・セブ島に留学型スクールを運営しています。 留学とオンライン英会話の一括導入も承っています。
セブ留学の詳細は弊社留学サイトをご覧ください。

また、効果を高めるため、留学前の基礎固め / 留学後のアウトプットの維持として、 オンライン英会話の活用もおすすめしています。

シーフロント校
留学スクールの一つ、シーフロント校


シーフロント校 留学体験者インタビュー ~立命館宇治中学2年生~

Top ▲ 

導入をご検討の場合は、学校名と利用予定の人数/回数/期間をお知らせください。

お問い合わせ

導入事例

共愛学園前橋国際大学 副学長 大森昭生教授

グローバルとローカル両方の感覚に優れた人材、"グローカル"人材の育成をコンセプトに、 オンライン英会話を単位として導入した理由について語っていただきました。

共愛学園前橋大学
明治21年に新島襄らの協力により設立された共愛学園を母体とする大学。 小規模ながら、文部科学省「スーパーグローバル大学等事業 経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援(GGJ)」の全国42拠点大学の一つに選定され「次世代の地域社会を牽引するグローカルリーダーの育成」に取り組む。 また、同省「地(知)の拠点整備事業(COC)」や「大学教育再生加速プロジェクト(AP)」にも 選定され、グローカル人材育成と教育質転換を先進的に進めている。
※(上記3事業同時採択は全国で4大学のみ)

人数時間レッスンスタイルスケジュールカリキュラム
50名90分授業内受講固定50分カランメソッド+30分ATR Brics(他社ラーニング教材)

山梨県立甲府東高等学校 校長 長田正樹先生

公立学校として初めてQQEnglishを導入した山梨県立甲府東高等学校。 その理由と、公立学校の英語教育に対しての展望についてご意見をうかがいました。

山梨県立甲府東高等学校

山梨県でもトップクラスの成績を誇り進学校として知られる山梨県立甲府東高等学校。 特に「東理」と呼ばれる理数コースは評価が高い。 英語教育については春休みに英国研修を実施するなど授業外の活動にも意欲的。

Top ▲