株式会社QQ English(以下当社という)は、当社が運営するサービス「QQ English」(以下本サイトという)上で提供する全てのサービス(以下本サービスという)をユーザー(当社に本サービスの利用を申し込み、当社がこれを承認し、ユーザー資格を取得した者およびユーザー資格を取得しようとする者)が利用することに関して、ユーザーと当社との間の一切の関係に適用する規約を以下に定めます。

第1条(規約の範囲および変更)
  1. 本規約は、本サービスの利用に関し、当社およびユーザーに適用するものとし、ユーザーは本サービスを利用するにあたり、本規約を誠実に遵守するものとします。
  2. 当社は、ユーザーの了承を得ることなく利用規約の変更ができるものとします。また、変更された利用規約はウェブ上に表示した時点で効力を生じるものとし、その効力は全てのユーザーに対して適用されることを、ユーザーは予め了承するものとします。
第2条(ユーザー登録)
  1. ユーザー登録を希望する者(以下ユーザー希望者という)は、以下に定める手続きその他当社所定の手続きに従って、ユーザー登録をします。
    (1)本規約を熟読し、その内容に拘束されることを承知した上で、当社が定めたオンラインによる方法により、ユーザー登録を行うこと。
    (2)当社が定める決済方法により利用料金を支払うことに同意すること。
    (3)ユーザー登録画面において、氏名、電子メールアドレス、その他、ユーザー登録のために必要な事項をすべて真実かつ正確に登録すること。
  2. ユーザー登録手続きは、前項の申し込みに対する電子メールによる当社の承諾の通知をもって完了するものとします。ただし、ユーザーの代金の支払が当社で確認できるまで本サービスの利用を制限します。また、当社は、ユーザー希望者が以下に定める事由のいずれかに該当することが判明した場合、ユーザー希望者の登録を認めない事があります。また、ユーザー登録後に以下の事由が判明した場合は、その時点でユーザー登録を削除する場合があります。
    (1)ユーザー希望者が実在しない場合
    (2)ユーザー希望者が既にユーザー登録を完了している場合
    (3)ユーザー希望者が過去に本規約違反等により、ユーザー資格が停止もしくは削除されてことが有る場合
    (4)ユーザー登録の際に当社に届け出た事項に虚偽があった場合
    (5)ユーザー希望者が、本サービスの円滑な運営を妨げる恐れがある場合
    (6)ユーザーが」指定した銀行口座またはクレジットカードの利用停止処分が行われている場合
    (7)その他、ユーザー希望者をユーザーとすることに当社が不適切と判断した場合
第3条(ユーザー資格)
  1. ユーザー希望者は第2条に従ってユーザー登録手続きを行い、当社の承認を経て正常にユーザー登録を完了した時点でユーザー資格を取得します。
第4条(届出事項の変更等)
  1. ユーザーは、ユーザー登録手続きの際に当社に届け出た事項の変更のあった場合は、当社宛に遅滞なく当社所定の方法により、変更事項を届け出るものとします。なお、当社が定めた変更不可項目については、当社が承認した場合を除き、初期登録内容からの変更を行うことはできません。
  2. ユーザーが前項の届出を怠ったため、当社からの通知が不到達となったこと等により生じた不利益、その他の負担について当社は責任を負わないものとします。
第5条(ユーザー情報の取扱い)
  1. ユーザー登録手続きの際に当社に届け出た個人情報、および本サービスが取得したユーザーに関する情報は、当社の管理するデータベースに個人情報として登録され、当社は登録された情報を個人情報として管理しますが、次のような場合には、特定の個人情報を第三者に開示、提供する場合があります。
    (1)ユーザーの同意が得られた場合
    (2)公的機関より開示、提供が求められたとき
    (3)個人の識別ができない状態で提供する場合
  2. ローマ字表記の本名は、本サイトにおいて公開情報として取り扱います。レッスンにおいて教師から本名で呼ばれることを理解し、ユーザー登録ならびに利用継続を行うものとします。本サービスを、全くの匿名をもってユーザーは利用できないことに同意するものとします。
第6条(IDおよびパスワードの管理)
  1. ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、ユーザー登録手続き時にユーザーが設定したIDとパスワードを使用するものとします。
  2. ユーザーは、前項のIDおよびパスワードの管理責任義務を負うものとします。
  3. ユーザーにおけるIDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者による使用等による損害の責任は、ユーザー自身が追うものとし、当社は責任を負わないものとします。
第7条(サービスの利用料金等)
  1. 本サービスの利用料金は、本サイトに記載されている通りとし、同記載に従って、ユーザーは利用料金を前払いするものとする。
  2. ユーザーは、本サイトのユーザー登録手続き完了の後、当社の承諾をもって、当社が提供するサービスを利用できるものとします。
  3. 当社は、サイト上での掲示またはユーザーへの電子メールによる連絡を行った上で、いつでも利用料金の変更や、新しい料金体系の導入を実施する権利を有するものとします。
第8条(サービス規定)

ユーザーは、次の各サービス規定にあらかじめ同意し、従うものとします。

  1. レッスン制度
    ユーザーは当社が別途定める利用料金を以下の方法で支払うことで当サービスを利用することができます。
    (1)月会費制
    ユーザーは、予め月会費に申し込み、該当月内のみ有効の別途定める利用回数、利用ポイント内で、自らレッスンの予約を行い、レッスンを受講することができる。また、追加ポイントの購入、キャンペーンプランの購入が可能である。
    「月会費・それに伴うオプション」
    a.1ヶ月分の利用料金をクレジットカードにより支払う
    b.2ヶ月分の利用料金を銀行振込みにより支払う
    c.2ヶ月分の利用代金を電子マネーにて支払う
    d.2か月分の利用代金をコンビニ払いにて支払う
    (2)ポイント制
    ユーザーは、予め取得したポイントの範囲内で、自らレッスンの予約を行い、レッスンを受講することができる。
    「ポイント購入」
    a.利用料金をクレジットカードにより支払う
    b.利用料金を銀行振込みにより支払う
    c.利用代金を電子マネーにて支払う
    d.利用代金をコンビニ払いにて支払う
  2. 返金等
    当社は、ユーザーのいかなる理由があったとしても、料金の返金は致しません。
  3. システム障害等による受講不能
    (1)本サイト側に起因するシステム障害等
    本サイト側に起因するシステム障害等により、1レッスンの時間が20分を下回ったときは該当ポイントをユーザーに返還するものとします。尚、この場合ユーザーはレッスン終了後1時間以内に当サイトに電子メールにてユーザー名、受講できなかった時間帯、教師名を明記の上通知を行ってください。当社にて障害等の状況を調査・確認し、障害等が認められた場合に限り該当ポイントを返還いたします。また、この調査・確認、ポイント返還には数日を要する場合もあります。
    (2)ユーザー側に起因するシステム障害
    ユーザー側に起因するシステム障害等により、レッスンを受講できなかった場合は、レッスンポイントの返却は行いません。
    (3)ソフトウエア側に起因するシステム障害
    Skype、appear.inなどソフトウエア側に起因するシステム障害等により、レッスンを受講できなかった場合は、レッスンポイントの返却は行いません。
  4. サービス提供時間とサービス提供日
    (1)サービス時間
    本サービスのサービス提供時間は、本サイトに記載されているとおりとします。当社はユーザーへの事前告知なしに本サイトへの告知をもって、本サービスの提供時間を変更できるものとします。
    (2)休講日
    当社は、土日祝日、年末年始または、フィリピンの休日により休講日を定めます。当社はユーザーへの事前告知なしに本サイトへの告知をもって、本サービスの休講日を変更できるものとします。
  5. サービスの制限
    当社は、ユーザーへの円滑なサービスの提供のため、ユーザーの予約回数の制限や変更ができるものとします。
  6. サービスの監視
    ユーザーは、当社が提供するサービスを利用する間、当社が受講中の様子を録画・録音することに予め同意し了承するものとします。録画・録音は、教師への指導・評価、品質向上および回線状況の管理・チェックをするためのものであり、それ以外の目的で使用することはありません。
第9条(ユーザーの責任)

ユーザーは、本規約に定める事項を遵守するほか、下記の事項を遵守するものとします。
(1)ユーザーは、当社が提供する本サービスを不正の目的をもって利用しないこと。
(2)ユーザーは、本サービスがインターネットにより提供されるため、本規約のほか、インターネット上において一般的に遵守されている規則、方針、手順に従うこと。
(3)ユーザーは、本サービスの会員として有する権利を第三者に譲渡もしくは使用、売買、名義変更、質権の設定とその他の担保に供するなどの処分は行わないこと。
(4)ユーザーは、本サービスに関連した支払に関して、クレジットカード会社、立替代行業者等との間で料金その他の債務をめぐって紛争が発生した場合、当該当事者間で解決すること。

第10条(ユーザーの禁止行為)
  1. ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下に該当する行為、または恐れのある行為を行ってはならないものとします。
    (1)当社、本サイト、本サービスの権利を侵害する行為。
    (2)他のユーザー、または第三者もしくは当社ならびに当社スタッフへの誹謗、中傷および名誉・信用を傷つける行為。
    (3)他のユーザー、または第三者もしくは当社ならびに当社スタッフへの経済的・精神的損害、不利益を与える行為。
    (4)選挙運動、宗教活動またはこれに類する行為。
    (5)売名に関する行為。
    (6)公序良俗に反する行為。
    (7)法令に違反する行為、違反のおそれがある行為。
    (8)本サービスの運用を妨げる行為。
    (9)犯罪行為および犯罪行為に結びつく行為。
    (10)本サービスを本サービスと同様の営業行為、営業目的およびその準備に利用する行為。
    (11)真実でない情報を発信する行為
    (12)当社の承認した以外の方法で他のユーザーまたは第三者との間で、売買および金銭的な利害の発生する行為。
    (13)未成年者に対し、悪影響があると判断される行為。
    (14)他のユーザーまたは第三者もしくは当社および当社スタッフへの脅迫的な行為、卑猥・猥雑、品性を欠く行為、罵倒する行為、 嫌悪感を与える行為。
    (15)差別につながるもの、倫理的観点などから問題のあるものを、本サービスを通じて他人に掲載、開示、提供または送付する行為。
    (16)教師への嫌がらせ、不良行為などでレッスンの進行を妨げる行為。
    (17)教師への雇用条件や当社の機密情報を詮索する行為。
    (18)教師に当社の競合たりうるサービス・企業での勤務を勧誘する行為。
    (19)電子メールの送信を含め、オンライン、オフラインを問わず、教師と個人的に接触しようとする行為。
    (20)録画・録音したレッスンをインターネット上にアップロードしたり、外部の第三者に提供する行為
    (21)当社が提供する教材を複製、送信、転載する行為又は第三者に提供する行為。(コンテンツは個人利用に限る)
    (22)その他、当社が不適当と判断する行為
  2. ユーザーが上記行為を行った、もしくは上記行為を行うおそれがあると当社が判断した場合は、その行為に関するものを当社はユーザーへの事前通知および承諾なく削除し、ユーザーへの権利を制限できるものとします。
  3. ユーザーが行った上記禁止行為が重大かつ悪質であると当社が判断した場合、当社はユーザーへの事前の通知および承諾なくユーザーを強制的に退会させ、将来にわたり本サービスの利用を禁止できるものとします。
  4. ユーザーが上記の行為によって生じた損害に対しては、当社に対して賠償責任を負うものとします。また、この賠償責任は乙の退会後も有効とします。
第11条(退会)
  1. ユーザーが退会を希望する場合は、当社に電子メールで退会の旨を申し出て、当社が本人確認を終了した時点をもって退会とします。
  2. ユーザーは、退会した場合、本サービスの利用に関する一切の権利、特典を失うものとし、また退会にともなって当社に対して何ら請求権を取得するものでは有りません。当社は、ユーザーが退会後といえども、当社の業務のために登録情報を利用できるものとします。
  3. ユーザーは、本規約の規定または本規約の変更に対して異議がある場合、または本サービスの内容に異議がある場合でも、当社に対して講じることのできる手段は、本サービスの利用を終了し、退会することに限定されることを予め了承するものとします。
第12条(ユーザー資格の取消し・不承認)
  1. ユーザーが以下の事由の何れかに該当する場合、当社は、ユーザーに何ら事前の通知または催告をすることなく、ユーザー資格を不承認、または取り消すことができるものとします。
    (1) 第2条2項または第10条に定める事由のいずれかに該当することが判明した場合。
    (2) 本サービスにより提供された情報を当社の承諾を得ることなく改変した場合。
    (3) 不正の目的をもって本サービスを利用した場合。
    (4) 手段を問わず、本サービスの運営を妨害した場合。
    (5) 電話もしくは電子メールによって、会員との連絡が取れなくなった場合
    (6) ユーザーとして不適格と当社が判断した場合。
    (7) 1年間、当サービスの利用が無かった場合。
    (8) 本サービスを提供するにあたり、解決できない原因不明の通信障害が発生する場合。
    (9) その他、本規約のいずれかの条項に違反した場合。
  2. ユーザー資格を抹消された場合、当該ユーザーは、当社に対する債務の全額を遅滞なく支払うものとします。また、当社は、当社が認めた場合を除き、既に支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。
  3. 当社は、ユーザー資格を抹消した場合、当該ユーザーのIDおよびパスワード等を無効とすることができるものとします。この場合、当社が第1項の措置を行使したことにより当該ユーザーまたは第三者に損害が発生したとしても当社は一切責任を負わないものとします。
第13条(本サービスの中断、停止)
  1. 当社は、本サービスの中断もしくは停止を、事前もしくは事後に本サイト上での掲載またはユーザーに対する電子メールでの通知をもって任意に行うことができるものとします。但し、当社が判断して、緊急かつ合理的な事由がある場合は、ユーザーへの通知なしに本サービスの中断もしくは停止ができるものとします。
  2. 当社は、本サービスの中断、停止等の発生により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益、損害について、責任を負わないものとします。
第14条(アンケートの実施及び情報配信 )

当社は、ユーザーに対して電子メ-ルによる広告やアンケートを実施することができるものとします。

第15条(保証の否認)
  1. ユーザーは、ユーザー自身の責任において本サービスを使用することに明示的に合意するものとします。当社は、教師の発言の内容、サービス内容、提供の状態、アクセスの可能性、使用の状態等について保証を行いません。ユーザー自身が、真偽、正確性、アクセス性等に関して確認して利用を開始するものとする。
  2. 当社は、以下の内容について保証を行うものではありません。
    (1)本サービスのサービス内容および使用結果・学習効果などがユーザーの要求に合致すること。
    (2)ユーザーが送信した情報が当社のコンピュータシステムに到着するかどうか、および当社のコンピュータシステムに到着した情報がユーザーの送信した情報と同一内容であること。
    (3)本サービスがタイムリーに提供されること。
    (4)ユーザーが本サービスを通じて取得する情報が正確であり、信頼できるものであること(完全性、適用性、現在性、有用性、ユーザーを不愉快にさせる可能性のある情報を含まないこと)。
    (5)本サイトや電子メールに明示されている通りの時間帯でのサポートやサービスの提供。
    (6)本サービスにいかなる瑕疵がないこと。
  3. 当社は、教師が本サービスを通じて行った行為がユーザーの目的に適合するか否かについて保証しません。
  4. 当社は、本サイト上で購入した商品若しくはサービスに関していかなる保証もいたしません。
  5. ユーザーが当社から直接または本サービスを通じて教師から得たアドバイスや情報であっても、本規約に規定されている内容を超えて保証するものではありません。ユーザーは、ユーザー自身の責任において当該アドバイスや情報を活用するものとします。
  6. 当社は以下の状況に起因または関連して生じた一切の損害について保証いたしません。
    (1)急激なユーザー数の増加や教師の退職、フィリピン共和国側の通信障害発生などにより、提供レッスン数が一時的に不足している状況。
    (2)希望する特定の時間帯のレッスンが予約できない状況。
    (3)希望する特定の教師のレッスンが予約できない状況。
第16条(権利の帰属)
  1. 本サービスの画像・素材・レイアウト・デザイン・構造・システム等ホームペ-ジ内の全てに関する肖像権、著作権は当社に帰属します。
    ユーザーがそれらを営利目的に使用、複製、転載、変更、翻訳、譲渡および貸与を行うことは、当社または当社管理の著作権・肖像権の侵害にあたり、そうした侵害行為を行った場合には、事前の催告なく、法的手段を講じることがあります。
  2. 当社がユーザーの合意を得て撮影した写真や動画の著作権は当社に帰属します。当社はこれらを、目的を問わず現在および将来にわたって無制限に利用できる権利を有するものとします。
第17条(営業譲渡)

当社は、本サービスを含む当社の運営するインターネット上のサービスに関する営業を第三者に譲渡する場合、ユーザーに事前に通知することにより、本規約に基づくすべての当社の権利及び義務を承継、売却、合併、その他の方法で、譲渡することができるものとします。
また、ユーザーは、この場合において、当社がかかる権利及び義務を譲り受ける者に登録情報の開示をすることを了承するものとします。

第18条(準拠法)

本契約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。

第19条(合意管轄)

本規約に関して生じた、ユーザーと当社の紛争について協議しても解決しない場合は、東京簡易裁判所または、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

付則 本規約は2009年8月1日から実施します。
2010年6月1日改訂
2011年12月1日改定
2012年1月12日改定
2016年3月1日改定
2016年3月14日改定
2016年3月22日改定
2016年7月1日改定
2016年8月26日改定