今しかない!! 日本に100年に一度のチャンスがやって来た。

私は10年間フィリピンに暮らし気付いた事が3つあります。
  • 「フィリピンは英語が話せるから発展しなかった」
  • 「日本は英語が話せないから発展できた」
  • 「経済の中心がアジアに移ろうとしている」
さらに、この3つの理由を考えているうちに今まで誰も気が付かなかった一つの事実を発見したのです。
日本に100年に一度のチャンスがやって来ました。今しかありません。
急がなくては終わってしまいます。何がチャンスで、どうすればそのチャンスをつかめるのかをお話ししましょう。

フィリピンは英語が話せるから発展しなかった。

あまり知られていませんがフィリピンは世界第三位の英語圏です(フィリピン政府公式ページより)。小学校の時から英語で授業を行い全ての国民が英語を使う事ができます。英語が話せるフィリピン人はグローバル企業に適したグローバル人材といえます。しかしフィリピンはグローバル化していると言えません。
グローバル化とは何なのでしょうか?
国家がグローバル化するとは多様なグローバル企業が集まりそこで働くグローバル人材が豊富な事をさします。フィリピンは残念な事に豊富なグローバル人材がいてもそこで働けるグローバル企業はありません。
フィリピン人は英語が話せるためグローバル人材として躊躇せずに海外に出て行きます。しかし帰って来ても経験が活かせる働き口が無いので優秀な人材が流出してしまい発展できなかったのです。

日本は英語が話せないから発展できた。

日本はいつの間にかガラパゴスと揶揄されるようになってしまいました。日本人は日本人しか使わない日本語のバリアで自国を覆い、外からの文化も風習もシャットダウンして独自の進化を遂げているからです。輸出、輸出といっても日本の輸出依存度はたった11.4%しかありません。国内に十分な市場がある日本では海外にでる必要がなかったのです。
 通訳を付けて勤める駐在員ばかりでグローバル人材と呼べるような人材はとても少ないのです。皮肉な事に日本は英語が話せないから人材が流出せずに発展できたのです。

経済の中心がアジアに移ろうとしている。

今までアメリカを中心に発展した経済がアジアに移ろうとしています。
発展の途上にあるアジアは、日本人には無限の可能性が広がっています。高度成長を既に経験した日本ではこれから発展するアジアに何が必要なのかを実体験として知っていて、それらを解決する技術力があります。
建築、システム開発、人材派遣、コールセンター、エステ、美容、飲食…なんでも発展の途上にあるのです。
あなたが今アジアへでれば、世界に誇れる日本の文化、考え方、技術などすべてを独り占めで使う事ができるのです。
また一方で、これは英語をアメリカ人と話すより、アジア人との共通語として話す機会が来たと言う事です。

日本に、そしてあなた自身に、チャンス到来

アジアの国々に行くと分かるのですがライバルがいません。同じ経験を持った最大のライバルである日本人がいないからです。是非、周りを見渡してください。皆さんの周りにグローバル人材、いいえ英語が話せる人がいますか?殆んどいないと思います。
日本に100年に一度のチャンスがやって来ました。
日本人はアジアがどうすれば発展できるかを知っているにもかかわらず、伝える事ができないからチャンスなのです。
そして今ならあなたがグローバル人材として成功する方法は簡単です。
誰よりも早く英語を話せるようになりアジアに出れば良いのです。日本人がグローバル人材となって海外にでるようになってからでは遅すぎます。日本人が英語を話せない今がチャンスなのです。 今までの日本は英語が話せなかったから発展しました。しかし今なら英語が話せるだけで成功できるのです。

最後は私自身について。

私はフィリピンのセブ島でオンライン英会話とフィリピン留学の学校を経営しています。名前はQQイングリッシュといいます。変な名前ですよね。実は東京では「キュウ急便」と言うバイク便を経営しているのです。
今から10年前フィリピンに英語を勉強しに来て人生が変わったのです。
国内にいる時はデフレや少子化による人口減などで可能性がどんどん減ってきていると思っていました。しかし英語が話せるようになると無限の可能性を感じたのです。
私はフィリピンで誰もやっていない日本式で英会話学校を作ることにしました。
海外にでると日本は高品質の製品を作る国として尊敬されています。当たり前だと思っていた品質が海外では高品質だったのです。今まで流出していたフィリピンの最高のグローバル人材と、日本が独自進化のなかで磨いた高品質を作るシステムを活用して学校を作りました。
フィリピンのセブ島で世界中から来る年間3,000人の語学留学生に英語を教え、オンラインを使い1万人を超える世界中の生徒に授業を提供するフィリピン最大の語学学校になっています。バイク便の私でもグローバル人材になれたのです。
あなたも、英語を話せるようになって人生を変えましょう。

▼「バイク便が始めたゼロからのフィリピン英会話事業」を読む