【専門家コラム】子どもと一緒に楽しめる!映画を使った効果的な英会話学習法

子どもと一緒に楽しめる!映画を使った効果的な英会話学習法

 

英語を学び始めて英語に興味を持ち始めたお子様と一緒に楽しく英語を学んでみませんか!

映画はナチュラルな英語表現が楽しく学べる生きた英語教材です。でもただ見ているだけでは聞き流して終わってしまいますね。映画の力を借りて効率的に英会話力も上げていきましょう。

 

見た後に思わず口に出して言てしまいながらも文法表現が学べる映画を今回は紹介します。

またそれと一緒に効率的な勉強も紹介します。

今回紹介する映画は主人公が小さな男の子

ET
ホームアローン
リメンバー・ミー
の三選です!


3本とも小さな男の子が主人公で、比較的に会話が多い映画をピックアップしてみました。

 


英語学習のための映画を選ぶコツは?

なるべく日常会話が多い映画を選ぶ良いと思います。また自分と同じような立場の人が主人公だと会話も真似しやすいと思いますのでそのような映画を選びましょう。

 

映画での英語学習に向いている人は?
まず前提として、

大人も子どもも同じなのですが、映画が好きで映画を見ることが苦にならない人がまず前提条件です。


また、特に好きな俳優さんがいる人と言う方にも英語学習に向いています。好きな俳優さんのように話してみたいと思ってその話し方を真似することで英語の発音ができるようになるからです。
また英語学習のための映画を見る時間を取れる人ということも前提条件です。 忙しくてただ聞き流しているだけと言うことではなかなか英語の上達には結びつきにくいかと思うからです。

 

映画による英会話学習の効率的な方法は? 

まだ英語を勉強しはじめのお子様の場合、最初はまず

 

  1. 日本語音声で映画を見る。
  2. その次に日本語字幕つきで英語音声で見る。

さらに余裕があれば

  1. 英語音声、英語字幕で見ることをお勧めします。

 

英語の勉強だと考えると、日本語をとばして最初から英語のみでみたくなりますがまずは日本語音声から意味を理解したほうが英語学習の効率は断然に上がると思います。意味がわからないままにいきなり英語音声、英語字幕等で見始めてしまうとただ聞き流して終わってしまうという可能性があります。

 

映画で英語学習しながらも、基礎的な勉強はこつこつ続けましょう!

また、映画学習と平行して基本的な単語や英文法を自分でコツコツと学習していく必要はもちろんあります。

英語学習はよくスポーツの練習や楽器の習得に例えられますね。

 

英語学習も同じで基礎的な練習と言うものは必ず必要となってきます。

基礎的な練習はスポーツの筋トレのようなものでルーティン化してやってしまえばそれほど気にならずに楽しんでできると思います。

スポーツの試合や楽器の演奏の舞台などの楽しみの前には必ず影の努力があるのと同じように
英単語を習得することや文法の習得は平行して必ずやっていきましょう。

 

まずは学校やオンライン英会話での課題を積極的にやっていくことでよいと思います。

 

英単語や文法を学ぶ

そこで学んだ例文をチェックする。
簡単な問題集を解いてみる

その例文がほんとに使われている映画を見る。

この実体験が繋がると効果的です。
そこから、自分の口で何度もアウトプットしてみる。

 

映画を利用した英語学習は、学んだ英語をアウトプットする機会でもあります。

 

実際に使われている場面を見ること、そして実際に使ってみることで本当の自分の英語能力として身に付いていきます。

 

また授業中にロールプレイングなどで練習をする機会はありますが、実際に使っている場面を見て使い方のナチュラルさを学ぶことは自然な会話に繋がります。

 

それと並行して、映画での学習を楽しんでやっていけば英語の学習効率がどんどん上がって上達が楽しくなっていくと思います。では早速映画からお勧めの英語表現を上げて一緒に見ていきましょう。

 

では早速映画の英語での表現をいくつかお知らせしますね。

 

 

1,ET

まずはETから。

What are these?(これらは何?)
These are my toys!(これらは僕のおもちゃたちだよ!)
>
この会話から学べる表現はthisの複数形theseです
学校英語で言えば中学校1年生の2学期あたりに出てくる英文法で、

thisの複数形はthese
thatの複数形はthose
これ→あれ これら→あれら
のところです

教科書で学んだだけど、英語のテストで答えておわってしまうと思います。頭で覚えるだけではつまらないですね。


日常会話でもよく使われる表現なので、使われ方を確認して日時的にどんどん使わないともったいないです!

 

ここではETの高い声と共に忘れられない表現として覚えられると思います。
うちの中学生の息子は、このやりとりを良く真似していて
these areの言い方の使い方をマスターできたと喜んでいます。もちろんテストでもバッチリ使えます。

 

2,ホーム・アローン

 

次はホームアローン。
この映画は、子ども同士のやりとりの会話が沢山でてくるので学べる表現が沢山あります。

中でも文法から学ぶと難しいのに 口にして覚えるとあら簡単!そして楽しいとっておきの表現をご紹介します。

 

主人公がクリスマスの朝に起きて見ると家族がみんないなくなっていて思わず口から出してしまったこの一言です。

I made my family disappeared!
「僕が家族を消しちゃった!」と言う一言です。

文法的なことを説明すると
主語 make S V で
主語がS をV した。という表現です。

教科書で見ただけでは、英語を習いはじめの人は拒否反応を起こしてしまうような文法の説明の1つと言えるのではないでしょうか。

 

そこに過去形のmade(原型make)
と少し覚えにくそうな単語のdisappearが入ってきています。教科書だけで勉強しようとすると楽しくなくて終わってしまう、典型的な英文かもしれませんね。しかしそんな日本語とは違う英語特有のややこしい文法も

 

この一文を覚えているだけでmake S Vの使い方はマスターできると思います。

 

3,リメンバー・ミー


最後はリメンバー・ミー
最初の定番の2本とは違って、比較的新しいディズニー映画です。


I’m being forgotten.
僕は忘れられかけている

現在進行形と受動態の2つの文法がこの1文で学ぶことができます。

教科書の文法説明などとても難しい説明だと思いますがこの1文は覚えておくことで過去分詞形と受動態と言うのも理解できる良い文章だと思います。


ストーリー的な事はここでは述べる事は避けますが、とても印象的なシーンの一言ですので覚えやすい人分だと思います。

 

ここで学んだ英語表現を必ず自分の口でアウトプットすることが大事です。映画の中でネイティブがアウトプットしてくれる良いお手本があるので、なるべく近づけるように発音することが英語上達のポイントです。またとても好きな映画を見つけたらそのスクリプト本を買うと言うのもとてもオススメの方法です。

 

画面上のテレビ字幕だけじゃなく実際に紙の上で英文を確認ができるので書き込みもできますし自分が習った文法と結びつける作業も簡単になると思います。

 

今回は小さな男の子を主人公とした映画3選とともに映画で学ぶ英語学習のこつをお伝えしていきました。

 

英会話力はインプットだけではなくアウトプットをすることで身に付いていく力ですのでコツコツと続けていきましょう!

 

さびねこ

【自己紹介】

英検1級取得後、英語講師を経て、フリーランスで翻訳・ライティング業務を行う。

【英語力・指導経験】

都内の大学(法学部法律学科)大学在学中に英検1級に独学で合格。

その後、英会話スクールにて、幼児クラスから、小学生向けクラス、そして、高校生・社会人クラスと一通り担当。

独学で英語をマスターし他経験、指導経験から、学習者としての視点と指導者としての視点双方から発信しています。

【資格およびスキル等】

・英検1級・法律英語

・スペイン語、イタリア語、インドネシア語会話(まだ初級~中級レベル)