rai

QQ English代表の藤岡頼光さんのご著書が発売されました

rai

こんにちは。英語学習マスターコーチの松本秀幸です。

QQ English代表の藤岡頼光さんのご著書が発売されましたね。

 

『40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい。』(ディスカバー・トゥエンティワン)

もうすでにお読みになりましたか?

今回はQQ Englishで学んでいる皆さんと一緒に、この本を読んでいきたいと思います。

40歳から一念発起して英語の勉強を始めて、フィリピン最大の英会話学校のオーナーになるなんて、

すごい変化ですよね。

さて、本を読むということは著者との対話と言えます。

今回の本で言えば頼光さんからどんなメッセージを受け取るかということが大切になります。

どんなヒントをもらいたいと思いますか?

考えてみてから本を読んでいくと学べることが多くなりますよ。

さて、本は是非読んでいただきたいので、私からは3点ほどポイントを受け取った内容をシェアします。

ポイント1 好きなことをやるためにの英語に絞る

英語学習をする上で大切なことは「やりたいこと、やらないといけないことに絞った英語」を学ぶことです。

頼光さんのエピソードではバイク談義をしたいという思いでしたね。
(英語は話せないけど、何としてもバイク談義をしたい!P21)

その思いで始めたことが今のビジネスにつながって世界が広がるというのが面白いです。

頼光さんがそれを実現していく英語習得のプロセスを追っていき、自分の語学学習のヒントにしていきましょう。

その動機となった「バイク談議」はどうなったのか?

気になるところですね。
(「念願だったバイク談議も現実に!」(P76))

大切なのはやりたいことが明確になること、そしてその実現を喜びを感じることです。

このポイントを自分の例で振り返ると、僕の場合は英語を勉強し始めたのは高校生の頃でしたので、「英語ができればモテそうだから」というのが動機でした。まあ、普通の高校生でしたから。(笑)

コツコツやったおかげで英語はできるようになりましたが、モテることは残念ながらなかったです。(泣)

でも、英語のおかげで世界が開けました。

Q.あなたが好きなことと掛け合わせるとするとどんなことをやりますか?

ポイント2 センテンスを覚える(「単語だけ覚える」ということの罠(P58))

頼光さんは例文の徹底暗記を『Duo Select』の377の例文で徹底的にやったとのことでした。

語学学習をするときには基本例文をインプットするのは本当に大切です。

私は「話すための英文法」シリーズを使ったのですが、基本例文をしっかり音読しておくことで、

体が英文をそのまま覚えてしまうので、日本語に変換する必要もなく、

英語のままで使えるようになります。

そして、例文がバッチリ体の中に入っていると、最初はその文章そのまましか使えなかったのに、単語を入れ替えるなどでどんどん表現力がアップしていきます。

語学学習では「短文インストール」が必須です。是非取り込んでいきましょう。

頼光さんが紹介してくださる具体的な学習法はP64,P70,P156にあるのでまずはそのステップを真似てやるのがいいですね。

オンライン英会話の先生をレッスンパートナーにしたら、確かにセンテンスを覚えるのも楽しくやれそうです。

Q.どの本を使って例文をインプットしていきますか?

ポイント3 役職によって身につける英語のスキルを分ける(「役職によっても必要な英語は違う(P137))
自分の仕事にあった英語を身につける、ということはいつも言っていますが、役職ごとによって身につける英語スキルを分けているのは初めて見ました。

具体的にはこんな感じです。

社長クラスは「話す・聞く」だけでいい」:経営者は人とのコミュニケーションこそが仕事のメイン

部長クラスは、「会話7、書く2、読む1」:メールや書類のやりとりなどの事務的な仕事もある

平社員も含めた「課長」クラス以下の人たち 「会話4、書く3、読む3」:4技能をバランスよく

なるほど。

社長、部長、課長、スタッフではやるべき仕事が違い、さらに持ち時間も違うので何をどうするというという切り分けははっきりしておくと迷いがないですね。

本を読んでいて、考え方がすごく似てる部分が多かったです。

だから、このQQ Englishさんのブログも書かせていただいているご縁なのかもしれません。

それでは、2017年もQQ Englishで英語を学んでいきましょう!

toeic

TOEIC®テスト対策に欠かせないアプリ

toeic

 

こんにちは。英語学習マスターコーチの松本秀幸です。

世の中にどんどん便利なアプリが出てきます。

こんなアプリがあるといいのに、と思っていると、

誰かがもう作って提供してくれていたり、

ちょっと待っていると世の中に出てくることがあります。

今日は数年前から「あったらいいのに」と思っていたアプリをご紹介します。

 

 

s_3-5

 

TOEIC(R)テストの受験準備をするのに欠かせないものがあります。

それは「公式問題集」です。
公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1   http://amzn.to/2dgS1f2

公式問題集の勉強をするときにこんなことを感じたことはありませんか?

「このマークシートの答えあわせを自動的にやってくれないかな?」

「1問1問にどれくらいの時間がかかったか知りたい」

「この問題の答えは自信なくて勘で答えてるんだけど….」

…など。

ありますよね(笑)

TOEIC(R) Listening & Reading テストは制限時間内で200問の問題をさばかないといけないので、

どの問題に、どれくらいの時間をかけて、答えが合っていたのかどうか、という情報が欲しくなります。

このアプリでは公式問題集を始め、いろんな教材の答えあわせなどができます。

これは学習者にとってもメリットありますし、教材制作者側としてはデータ収集ツールとしてとてもメリットがあります。

ここで集められたデータをもとにより良い教材が開発されるのではないかと期待してます。

まあ、TOEIC(R)テストの教材も学習者にとっては次から次に出版されても迷惑(?)なので、

質の良い、学習者のために役にたつ本が出てくるのがいいですね。

それはさておき早速「公式問題集」をやっていきましょう。

テスト全部をやる必要はなくて、自分に取って必要なものだけを選ぶことができます。

今回はちょうどPart7のトレーニングをしたいと思っていたので、Part7 をやりました。

使い方は簡単です。

問題を解きながらマークしていきます。

 

s_3-4

 

問題を解き終わったら、答えあわせをします。

各問題の所要時間や正解・不正解がわかります。

 

s_3-3

 

いちいちマークシートと解答を見比べる必要がないので、時間もかかりません。

学習記録もバッチリ残ります。

 

s_3-2

 

楽チンです。

念のためですが、本番ではマークシートを塗るので、マークシートに慣れていない場合は、サクッと塗る練習をしておくのも大切です。

シャープペンの芯は1.3mmがオススメです。0.5mmの芯よりも太いので速く塗れるのです。

TOEIC(R)テストは時間との勝負です。マークするのに1問1秒短くするように努力すれば、問題を解く時間が200秒(3分20秒)の余裕ができます。

TOEICの人気教材も使える

TOEIC(R)テストの自動採点機能がとても便利ですが、それ以外にもTOEIC(R)テスト対策で学習者に人気のある教材もこのアプリを使うことができます。

 

s_3-1

『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』 http://amzn.to/2fyA2iL

 

音声の再生は速度を変えることができます。

内容はわかるけど速度についていけない時は0.5倍速、慣れてきて復習モードの時は2.0倍速再生で聞くのが良いでしょう。

音声をききながら「○」、「×」、「△」を選びます。

 

s_3-6

 

アプリだけで十分な英語学習環境はできません。

今後も書籍+アプリといった感じで学習者にも優しく、教材制作者にも役にたつ環境ができてきます。

英語学習者の私たちとしてはあとは学習するだけですね!

lobot (1)

Imee先生のレッスン

lobot (1)

 

こんにちは。英語学習マスターコーチの松本秀幸です。

今月も素敵な先生をご紹介します。

今月の先生はImee先生です。
https://www.qqeng.com/q/teacher/1156

Imee先生の”Quotes in education” を見て早速レッスンを取ってみました。

ビデオをご覧になりましたが?

huddleと言われる先生の集まりでスピーチをしているのですが、

今回は何をやっていたかというと、

教育に関する引用句を紙片に書き、

それを2つに切って、

huddleに参加している先生たちに配ってます。

そして、同じQuotesを持っているペアを探すというゲーム性をもたせたとのことです。

さすがいろいろ楽しくする工夫をしてますね。

Imee先生のレッスン

さてImee先生から当日使った引用句をいくつかをレッスンで教えていただきました。

引用句①”It does not matter how slowly you go as long as you do not stop.”
「やめてしない限りはどれだけゆっくりでも構わない」

諦めずに学びを継続することの大切さを表してます。

ゆっくりでも諦めず継続するということについて、Imee先生のエピソードをうかがってみました。

Imee先生は大学で学位をとるのに6年から8年かかったこと。

理由は経済面と整えるために学校を休んでお金をためながら学んできたからだそうです。

「フィリピンでは多くの人が経済的な理由で学ぶことを諦めている。でも私は諦めなかった。」との言葉がとても力強かったです。

先生に質問をしていたら、逆に質問もされます。
” When was the last time you that persevere in some difficult situations?”
「あなたが難しい状況でも継続したのは最近ではいつですか?」

あなたならどう答えますか?

Imee先生と話していることをイメージして答えを考えてみてください。

引用句② ”An investment in Knowledge always pays the best Interest.”
「知識への投資は常に最高のリターンをもたらす」

May I know your own ideas on this quotations?「この引用句についてのあなたの意見を聞かせてもらえますか?」
と質問されちゃいます。

生徒の意見を引き出して、そこから改善するところを見つけて教えてくれます。

あなただったらどう答えるでしょうか?

Imee先生にとって学ぶことの意味は何なのでしょう?

聞いてみましたよ。

実はImee先生には大きな夢(great dream)があるのです。

Imee先生)My greatest dream in life is to become a teacher, not simple teacher but a professor.
「私の最大の夢は単なる先生ではなく教授になることです」

松本ひで)What kind of professor do you want to become?
「どんな教授になりたいのですか?」

Imre先生) In the area of caring people with disability.
「障害者のケアをする分野です」

松本ひで)Why do you have an interest in that area?
「なぜこの分野に関心があるのですか?

Imee先生)I have a bachelor’s degree in elementary special education, like deaf or mute. I was influenced by one of my friends .
「私は耳が聞こえない方や、言葉が話せない方などの特別初等教育の学位をもってます。私がこの分野に興味を持ったのは友達の一人に影響を受けたからです。」

修士号、博士号ととっていくためには10年以上かかるとのこと。

自分の可能性を伸ばし、生徒さんの可能性を伸ばそうと常に努力を続けている素晴らしい先生です。

お話をうかがっていると私も背筋が伸びてきて、「私も頑張ろう」って思えてきます。

引用句③ ”Education is the most powerful weapon which you can use to change the world.”
「教育は世界を変えることができる最もパワフルな武器である」

Imee先生にとって教えることはとてもチャレンジングだけど、自分を満たすことができる素晴らしい機会なんです。

”When you see people improving , you will be fulfilled”
「周りの人がどんどん良くなっているのを見るときに、あなたは満たされていきますよ」

… Imee先生と話していると、素敵な言葉がどんどん出てきます。

最後の引用句 ”Teachers who love teaching ,teach children to love learning.”
「教えることが好きな先生は生徒たちに学ぶことが好きになることを教える」

これも素晴らしい言葉です。

最後にQQ Englishで学ぶ私たちにメッセージをいただきました。

”You need not to worry how much you pay for your education. It is an investment that you need because education is wealth that you cannot passed or can’t be shared by anyone.”
「教育にどれくらいのお金がかかるのはを心配する必要はない。それは必要不可欠な投資であり、教育で得られれたものは誰からも取られることのない富なのだから」

とても素敵な先生ですね。

今後も素敵な先生をどんどん紹介していきますよ!

See you next time!

松本ひで

sukima

スキマ時間を有効活用!

sukima

こんにちは。英語学習マスターコーチの松本秀幸です。

英語学習相談室で良くある質問が「時間がないんです」という悩みです。

「英語学習はしっかり時間をかけないといけない」と思っていると、なかなかまとまった時間を取ることができませんよね。

確かに英語はある時期集中してトレーニングしないと伸びないのですが…

でも、それは必ずしも1日3時間の時間のかたまりがないとないでできない、というわけではないのです。

小さな「スキマ時間」を活用することで英語ができるようになります。

今回は「スキマ時間」を活用しやすいスマホに焦点を当てて考えてみましょう。

スマホで自分の「時間」を無駄遣いをしてませんか?

スマホやタブレットはとても便利ですよね。

10年前には私たちの生活にありませんでしたが、今となっては手放せないものになっています。

しかし、多くの方が感じているように、

スマホやタブレットはついついいじってしまうので、

スキマ時間が取られてしまいます。

実際、スマホがスキマ時間を吸い上げる時間泥棒になっていることがあります。

このスマホに取られている「スキマ時間」を英語学習に引き当てることができると、

かなりの学習時間を確保できそうな気がしませんか?

スマホとついついやってしまっていることは何?

今電車に乗りながらこの記事を書いていますが、

電車に乗っている人の多くがスマホを手に何かやっています。

じっとその方達の画面を見てみると…なんてことはできませんが、(笑)

いろいろな人に聞くと、こんな感じのことをやっています。

・メールを確認している

・FacebookなどのSNSを見ている、コメントしている、「いいね」している。

・LINEなどでチャットをしている

・音楽を聴いている

・YouTubeなどの映像を見ている

・ゲームをしている

…etc

思い当たることありませんか?

質問です。

Q.1日どれくらいの時間スマホをいじってますか?

トータルの時間はわからないことが多いのですが、

「結構あるかもしれない」と思ったかもしれません。

私もある時期何かあったらスマホを見ている、いじっている時期がありました。

相方とご飯を食べに行っている時も、なんだか会話をしながらお互いスマホをつついていたりして、

全然質の高いコミュニケーションの時間になってなかった時期もあります。

一度、1日でどれくらいスマホといじっているかというのを意識してみると

「わあ、こんなにスマホに依存してたんだ」って驚くと思います。

そのスマホをいじっている時間が、

決して自分の人生を良い方向に導くものでなくて、

どちらかというと暇つぶし的なものに使われていたと気付いた時に、

ちょっとブルーになります。

変えましょう!

どんな変化を起こすにも自覚することが大切です。

自覚症状がないとそれを変える必要性が感じられません。

結果として変わりません。

それではどのように変えていきましょうか?

次の質問です。

Q.今どんな英語のトレーニングが自分に必要だと思いますか?

この質問にすらっと答えられたらいいのですが、答えられなくても大丈夫です。

自分に必要なトレーニングがわかっている方はそれにピッタリなスマホアプリを使うことにしましょう。

見つけ方は、このブログを読んでいるあなたにとっては簡単です。

なぜならばやることはブログの検索窓にキーワードを入れるだけだからです。

するとそのキーワードに関連する私が書いたアプリの記事が表示されます。
その中から自分にピッタリなものを選んでいきましょう。

例えばTOEICのトレーニングが必要ならこのブログの検索窓に「TOEIC」、文法が気になるなら「文法」と入力、発音が気になるなら「発音」と入力するだけです。

さてアプリを選んだ後は、そのアプリを画面の一番目につくところに置きます。

スマホを開けた時にすぐに押せるようにするためです。

さあ、今からスキマ時間は英語学習に使うことを徹底的にやっていきましょう!

lobot

英会話ロボットアプリ!?

lobot

 

こんにちは。英語学習マスターコーチの松本秀幸です。

私達はオンラインで先生達とレッスンをしてます。

先生方も個性豊かで、話していても面白くて楽しいですよね。

さて、最近は技術の進歩が激しいですね。

このまま技術が進んでいくと、

人口知能( AI: Artificial Intelligence)を使ったスマホ先生とのレッスンをする日が来るのでしょうか?

今日はそんなこともイメージしつつ、スマホと英会話練習をするアプリをご紹介します。

 

『SpeakBuddy』

(執筆時点:iOS/無料トライアル7日間/その後有料で月額課金)

 

日本にいると特に会話力を磨く機会が足りないため、「英語の話し相手が欲しい」という願いを解決する「完璧な英会話ロボット作り」の一貫で開発されたアプリとのことです。

・キャラを選んで会話練習をする
話したいSpeakbuddyのキャラを選び実際に会話をしていきます。

 

4-1

 

選択できるキャラには「就職」、「旅行」、「友達」、「スラング」、「日常生活」など多くあります。

「旅行」などは予想がしやすいですが、「フィットネス」や「ITギーク」となるとどんな話になるのかちょっと楽しみですね。

 

4-2

 

4-3

さて会話が始まったら、どんどん答えていきます。

4-4
答えは2択です。英文をタップすると日本語訳が確認できます。

4-5

 

英語の音声も聞くことができます。

英語の音声は機械音声ですが、単語レベルでは聞きやすいので練習にはいいと思います。
全部人が吹き込むとなると制作コストがいくらあっても足りないでしょう。

タップして話すと、聞き取ってくれた内容に応じてコメントが戻ってきます。

4-6

 

4-7
内容自体は決まっているものなので、その範囲内で話が進んでいきます。

会話の流れは「タイムライン」で確認できます。

4-8

コツコツやればスコアもたまっていくのでそれも楽しいです。

4-9

 

4-10

 

判定テスト

スマホのキャラが話しかけてきます。

その質問にどんどん答えていくと、

英語力を判定してくれます。

4-11

 

フリートーク

こちらは現在も開発中とのことであり、実際の会話はなかなか難しかったです。
数年すればAIとの会話練習のレベルも随分上がると思われます。

スマホ相手に会話の練習をしていると、

決められた英文を話していても会話っぽいものをしている感じがするので

覚えやすいと感じました。

会話フレーズを実際に使って覚える練習パターンにするといい感じです。

オンライン英会話のレッスンをメインの会話練習にして、気分転換にスキマ時間でAI英会話というのもいいトレーニングの組み合わせになりそうだと予感しました。

基本は人間の先生との会話レッスンで会話力アップです。人間の先生の方がリアクションが面白いですから。(笑)

無料体験は7日間です。集中して見極めるために、まずは1時間くらいがっつり集中できる時間をブロックして、アプリを試す時間を確保してから使用開始すると良いでしょう。

Enjoy Learning English!

omotenashi

O-MO-TE-NA-SHI英会話

omotenashi

 

こんにちは。英語学習マスターコーチの松本秀幸です。

2020年に向けて、日本について英語で紹介できるようになりたい、
おもてなしを英語でしたいという方が増えています。

以前日本について英語で紹介するのに便利なアプリをご紹介しました。

ブログ記事「英語で日本を紹介する」:

http://www.qqeng.com/blog/matsumoto-apps-web-1280/

アプリ:TABIMORI -TRAVEL AMULET

今回はQQ Englishさんのカリキュラム「O-MO-TE-NA-SHI英会話」をご紹介します。
私(松本)も今勉強中です。

レッスンで集中して「O-MO-TE-NA-SHI英会話」をインプットとアウトプットをして学ぶと、
いざという時にスッといい感じで英語でおもてなしをすることができるようになりますよ。

☆「O-MO-TE-NA-SHI英会話」
「O-MO-TE-NA-SHI英会話」のカリキュラムには「初級編(LEVEL2以上)」と「上級編(LEVEL4以上)」があります。
レッスン時間は25分です。

私は体験のために最初は「初級編」を受けてみましたが、

「ヒデさんは上級でしょ」って先生に言われて、その後は「上級」を受けてます。

どんなテーマを話すのかなと興味を持ったら、「テキストダウンロード」で実際のテキストを見てみると良いです。

おもてなし

 

初級編「O-MO-TE-NA-SHI English For Beginners: Survival Kit With Super Easy Patterns」

日本語では「簡単! 超初心者向け 必要・最小限の『おもてなし英語』」というタイトルです。

 

3-2
海外からのお客様が来た時によくあるシチュエーションで「何をいうのか」と「どのようにいうのか」を練習することができます。

具体的には下記のようなシチュエーションについて学びます。

道案内、駅にて、タクシーに乗る、レストランにて、デパートで、ショッピング、支払い、旅館にて

確かにこんな状況あるよなって思える設定で、とっさの一言が出るようにトレーニングしておくと安心です。

 

上級編「O-MO-TE-NA-SHI English – Japanese Culture」『おもてなし英語』第2編 日本の文化

 

3-3
よく質問される日本の伝統文化について学びます。

具体的には下記のようなものです。

伝統芸能(歌舞伎、能、狂言)、日本の宗教、禅、茶道、俳句、生花、武道、日本の伝統行事など

歌舞伎や能を英語で説明する時に私(松本)が気付いたのは、日本語でも歌舞伎や能について簡単にでも説明できる知識がないことです。

日本の文化的なものについては最低限知識を持っておこうと改めて思いました。

母語の日本語でできないことを外国語である英語でできるわけはないですからね。

日本の伝統文化についてレッスンでインプットして、アウトプットできるのはとてもいい機会だなと思ってます。

私(松本)もコツコツやっていきます。

皆さんも初級編でも上級編でも自分に合うカリキュラムを選んでやってみてくださいね。

やるときにはレッスンで練習するだけでなく、予習と復習をきっちり行って、マスターしていきましょう!