s_s_BIS151026444181_TP_V

英語学習相談室vol.12「通勤時間でできるTOEIC勉強法!」

s_BIS151026444181_TP_V

こんにちは。英語学習マスターコーチの松本秀幸です!

「会社でTOEICを受ける」、「○○点以上取らないと」というケースは多いですね。

会社員であればお忙しい毎日の中でも通勤時間は必ずあります。

今回はこの「通勤時間を活用したTOEIC学習」についてお答えします!
 

「通勤時間でできるTOEIC勉強法!」(20代 女性)

目的:

自宅から会社まで通勤に1時間半かかり、1時間はずっと電車です。
乗り換えはありませんが、ほぼ毎日立ちっぱなしです。

普段はたいていLINEかtwitterですが、
会社で年一回TOEIC受験することになっていて、その英語の勉強に使おうと思います。

QQEのTOEICのコースを取ろうとしたら550点以上からなのでダメでした
(私は500点いかないくらいです)
この状況にぴったりの勉強法を教えて下さい。

今の学習内容:

週2回トピックカンバセーション

 

さらに読む

opbe-title05

One point Business English vol.34

opbe-title05

 

こんにちは、グローバスクエアの各務です。

 

毎週「ワンポイントビジネス英語」として、英字新聞ジャパンタイムズからビジネスで使える表現を紹介しています。

 

今日はThe Japan Timesの記事

“Focus on the economy and failure of the opposition clears the way for Abe’s LDP in the national elections”

“経済への焦点と野党の失敗が国政選挙において安倍自民党の道を開く。”

から「ワンポイントビジネス英語」をお届けしたいと思います。

 

この記事は先の参議院選挙における安倍自民党の勝利を分析しています。

 

さて、この記事のなかで

“media outlets give much coverage to A”

“報道機関が多くの報道の取り上げをAに与える”

という表現がでてきます。この訳は直訳ですが、意訳すると“報道機関がAを頻繁に報道する”という意味です。

 

では実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今日の英文

“Since last year, media outlets have given much coverage to citizens’ groups opposing Prime Minister Shinzo Abe’s controversial security legislation.”

【直訳】

“昨年から、報道各機関は多くの報道の取り上げを安倍晋三首相の物議を醸す有事法制に反対する市民グループに与えてきた。”

【意訳】

“昨年から、報道各機関は安倍晋三首相の物議を醸す有事法制に反対する市民グループを頻繁に報道してきた。”

 

安倍晋三首相に不利な条件をまず最初に述べています。

 

それでは今日の表現をつかって、例文を作ってみましょう。

Media outlets have given much coverage to the CEO’s sudden resignation.”

【直訳】

報道期間は多くの報道の取り上げをCEOの突然の辞任に与えた。”

【意訳】

“報道機関はCEOの突然の辞任を頻繁に報道した。”

 

かなり有名なCEOですね・・・

 

さて、今日のおさらいです。

役に立つ表現

 

“media outlets give much coverage to A”

“報道機関が多くの報道の取り上げをAに与える”

“報道機関がAを頻繁に報道する”

 

以上、ワンポイントビジネス英語でした。

 

出典:The Japan Times  Jul. 12, 2016

Focus on the economy and failure of the opposition clears the way for Abe’s LDP in the national elections


 

image

グローバルスクエアはいわゆる普通の「英会話学校」ではありません。
たった「3つの言葉のルール」だけで、私たちに隠されている英語の力を引き出すトレーニング「3Way System」を提供しております。
その実績からジャパンタイムズ社にも「もっとも効率的に英字新聞が読めるようになるメソッドである」と認められており、色々な学校や英語学習法でつまずいてきた人々の「英語難民の駆け込み寺」として賑わっております。

飯田橋・神楽坂の英語教室 グローバルスクエア
www.global-square.com
各務 乙彦

出典:The Japan Times  Jun. 22, 2016
A Hokkaido eatery encourages diners to treat the needy

【事務局からのお知らせ】

QQイングリッシュでは副教材として、週刊のThe Japan Times STとThe Japan Times On
Sundayの講読取扱いを開始しております。

会員様限定のオンラインストアから市場最安値にてご提供をいたします。

<詳細> http://www.qqeng.com/japantimes/
<ご購入> https://www.qqeng.com/q/store/

今回紹介したような、ジャパンタイムズの記事から洗練された表現を学び取りましょう。
学んだらオンライン英会話で実際に使ってみて、グローバル、ビジネスコミュニケーションスキルを向上させていきましょう。

FUTURE OF Produced Publications With The Virtual Years of age

FUTURE OF Produced Publications With The Virtual Years of age

Society has changed quite a bit these days and it has become a little more of a digital than analogue which is extra accessible and enjoyable to generate if we want it. Most establishments like telecommunication, beats, flicks, competitive sports, journalism supply been digitalized and easy obtainable on account of electronic know-how. さらに読む

The Long Term Issues FOR Heath Care Treatment Organization

The Long Term Issues FOR Heath Care Treatment Organization

Medical care organization means the handling of health and wellness-relevant means and governance of governmental and non-government medical establishments and sectors. A superb general public health care organization product improves the situation and operation coming from all other elements of a our society. さらに読む

s_04ba1b8405a7918b7912ecf85a0bfe4e_s (1)

起きてから寝るまでの英語「7つの習慣」

s_04ba1b8405a7918b7912ecf85a0bfe4e_s (1)

こんにちは。英語学習マスターコーチ 松本秀幸です。

今回の人生を豊かにする英語は『起きてから寝るまでの英語で「7つの習慣」』です。

書店で見た時に「こんなタイトルの本が欲しかったんだよな〜」と思った本です。

シリーズ200万部超の「起き寝る」シリーズでの「つぶやき」練習法で

全世界で3000万部超えの人生を豊かにするビジネス書『7つの習慣®』のエッセンスを学べるとしたら、

すごいことですよね。早速見てみましょう!

 

 

7016028-compressor (1)

 

私は「起きてから寝るまでシリーズ」のコンセプト、朝起きてから夜寝るまでの1日中の動きや思ったことをつぶやく「つぶやき練習法」はとてもいいなと思っています。

私がお勧めしている「自分英語®」作りも似た様な発想です。

一点私が「起き寝る」シリーズで苦手だったのは「ポジティブでないつぶやき」が多いことでした。

音読したり、音声に合わせてシャドーイングすることを考えると「会社に遅れるって電話しなきゃ」とか「う、のどがいがらっぽい。風邪ひいたかな。」といった例文を何回も繰り返し感情を入れて練習するのってどうなんだろうと感じていました。

その点については「7つの習慣」であるならきっと大丈夫だろうと思えるので安心でした。

内容は「日本語解説」+「つぶやき表現 /Dialogues /Quick Check」

 

流れはウォームアップの「パラダイムと原則」から始まり、

第1の習慣 主体的である (Habit 1 Be Proactive)、

第2の習慣 終わりを思い描くことから始める (Habit 2 Begin with the End in Mind)、

第3の習慣 最優先事項を優先する (Habit 3 Put First Things First)、

の「私的成功」(Private Victory)

その後

第4の習慣 Win-Winを考える (Habit 4 Think Win/Win)

第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される (Habit 5 Seek First to Understand, Then to Be Understood)

第6の習慣 シナジーを創り出す (Habit 6 Synergize)

の「公的成功」(Public Victory)をカバーし、

「再新再生」の第7の習慣 刃を研ぐ (Habit 7 Sharpen the Saw)に至ります。

これらの流れをきちんと理解するためにはP8、9の「成長の連続体」(maturity continuum)を読んで全体像をつかんでおくと良いでしょう。

「7つの習慣®」の全体像を日本語でつかんだ上で英語学習のトレーニングをやっていきましょう。

手順は本の構成通り、

「つぶやき表現」を読んで確認し、

「Dialogues」で会話の中での使われ方を確認し、

「Quick Check」でつぶやき表現の穴埋め問題がきちんとできるか確認していきます。

メインは「つぶやき表現」です。

「心のつぶやき」が普段口に出してしまいがちな発言が英語になってます。

それをどのように捉えたらよいかのヒントが「7つの習慣ではこう考える」という「つぶやき表現」になり(左ページ)、
それを受けてこう実践するという例が「実践しよう」の「つぶやき表現」で出てきます(右ページ)。

これらのフレーズを音読したり、シャドーイングしたりして、身につけてしまいましょう。

音声ファイル

 

CDでは「つぶやき表現」が聞ける音声CDです。

ダウンロード音声はMP3形式で、音声CDにはない「解説」音声(日本語)と「Dialogues」音声(英語)があるのでこちらをメインに使うのが良いでしょう。
私のPCにはDVD/CDドライブがないのでダウンロード音声だけを使ってます。

日本語での解説音声が聞けるので「7つの習慣®」をより確実に学べるチャンスですね。

「人生を豊かにする英語」ではいつも英語で素晴らしいコンテンツを学び、実践することを提案していますが、

今後もビジネスや人生を豊かにするコンテンツで英語を学べる教材をどんどんピックアップしてご紹介していきます。

読んだ本や、学んだコンテンツについて「トピックカンバセーション」などで先生に説明してみると、理解がさらに深まりますよ。

s_DSC02674

ネイティブが良く使う「Hand」を使った便利なフレーズ18選

s_DSC02674

 

こんにちは、QQEnglishインターン生のそうたです。

 

先生からネイティブが良く使う体の部位を使ったイディオムを教えてもらいました。

 

身体を使ったイディオムはシリーズで出していきたいと思います。

 

第1回目の身体イディオムは

 

手:「Hand」(ハンド)

 

ネイティブが良く使う「Hand」のイディオムを紹介します。

 

Handのイディオム18選

 

1:give one a hand

意味:手伝う

例:Can I give you a hand?

手伝いましょうか。」

 

2:turn one’s hand

意味:こなせる

例:He can turn his hand to anything

「彼は何んでもこなせる。」

 

3:old hand at

意味:〜のベテラン

例:He’s an old hand at this

「彼はベテランだ。」

 

4: dealt a bad hand

意味:ついていない

例:He’s been dealt a bad hand.

「彼はずっとついていない。」

 

5:show one’s hand

意味:手の内を見せる

例:Never show your hand too early.

「簡単に手の内を見せるな。」

 

6:count on the fingers of one hand

意味:片手の指で数えるほどしかない

例:I can count the invitations from him on the fingers of one hand.

「彼から誘いがあるのは片手の指で数えるほどしかない

 

7:red-hand

意味:現行犯で

例:I caught him red-handed.

「彼を現行犯で捕らえた。」

 

8:know ~ like the back of your hand

意味:熟知している

例:I know London like the back of my hand.

「私はロンドンを熟知している。」

 

9:keep my hand in

意味:腕が衰えないように練習する

例:I like to keep my hand in.

腕が衰えないように練習することが好きだ。」

 

10:wait on someone hand and foot

意味:奴隷のように仕える

例:I’m not going to wait on you hand and foot!

「これ以上、君に奴隷のように仕えるつもりはない。」

 

11:hand over

意味:引き継ぐ

例:When I retire, I’ll hand the reins of the business over to my son.

「引退したら、会社を息子に引き継ぐつもりだ。」

 

12:eat out of someone’s hand

意味:言いなりになる

例:At last! She’s him eating out of her hand.

「結局、彼女の言いなりになっている。」

 

13:get one’s hands full with

意味:手を焼く

例:She’s got her hands full with the kids.

「子供達の世話に手を焼く。」

 

14:right hand man

意味:右腕

例:He is my right hand man.

「彼は私の右腕だ。」

 

15:out of hand

意味:手に負えない

例:Things got out of hand.

手に負えなくなった。」

 

16:upper hand

意味:支配

例:We got the upper hand in the end.

「私たちはつい支配した」

 

17:from hand to mouth

意味:その日暮らし

例:We’re living from hand to mouth.

その日暮らしの生活を送っている。」

 

18:hand it to someone

意味:よくやった

例:You’ve got to hand it to him.

「君はよくやった。」

 

まとめ

 

「イディアオムは本来の意味と異なるから難しい」と言われ敬遠されます。でもこうしてまとめてみると、その単語はどんなイメージで使われているのかがわかります。

 

「Hand」の場合はコントロールや支配といった意味で良く使われていますね。

 

次回は「Face」を使ったイディオムを紹介します。