国立大学法人京都工芸繊維大学とQQイングリッシュの共同研究
CBT方式英語スピーキングテスト開発・実施について

 

報道関係者各位

2016年1月15日
株式会社QQ English
東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル6F

d16874-6-505761-0

セブ島と日本をオンラインでつないで行った、採点者トレーニングの様子。

この度、QQイングリッシュ(株式会社キュウ急便 本社:東京都杉並区)は、国立大学法人 京都工芸繊維大学(所在地:京都府 京都市)によるCBT(computer-based test)方式の英語スピーキングテストのシステム開発に参加、共同研究いたしますことを、ここにご報告いたします。

その最初の一歩として、同大学が行うスピーキングテストで回収した音声回答の採点を、日本の大学で英語を教えるネイティブスピーカーと、ノンネイティブスピーカーである当社セブ島オフィス在籍の英語教師がオンラインで並行して採点を行います。

京都工芸繊維大学は、国内大学における「国際語としての英語」運用能力を評価するテスト問題作成とその採点システムの開発に取り組んでおり、将来的にこのシステムを大学院や大学の入試に活用することを目指しています。

セブ島初の日本資本による英会話学校として、当社はこの共同研究により、英語スピーキングテストの妥当性・信頼性向上に貢献し、ひいては日本のグローバル人材育成の一助となるよう積極的に取り組んでまいります。

 

 

テストスケジュール

  • 実施日:2015年12月19日(土)
  • 時 間:10時15分~14時15分(4グループに分けて実施)
  • 会 場:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス情報科学センター演習室等
  • 受験者:700名
  • 問題数:9問
  • 京都工芸繊維大学「大学入試への英語スピーキングテスト導入プロジェクト」
    URL: https://kitspeakee.wordpress.com/

以上

 


<本件に関するお問い合わせ>

https://www.qqeng.com/q/support/guest/

pdfダウンロード